成功者からの手紙『#9_隅の老人』対訳

あらすじ

カーショーが受け取った手紙の一通目には、バーカーの困窮した状況が書かれていた。当時、裕福だったカーショーはバーカーに10ポンド紙幣を贈った。
すると、カーショーが困窮したときに、二通目の手紙が届き、スメサーストの名前で50ポンドが贈られたのだ。カーショーは成功していくスメサーストに脅迫文を送り、強請ることにした。しかし大富豪にとって、遠い他国からの脅迫は痛くもかゆくもなかっただろう。

「隅の老人」記事一覧 #1~#12

The Old Man in the Corner
THE FENCHURCH STREET MYSTERY 日本語訳
subject/predicate

“Kershaw, then in fairly prosperous circumstances, sent him a £10 note for the sake of old times.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「その時かなり裕福な状況で、カーショーは昔のよしみで10ポンド紙幣を彼に贈りました
10-7b

The second, when the tables had turned, and Kershaw had begun to go downhill, Smethurst, as he then already called himself, sent his whilom friend £50.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「二通目は、状況が変わりカーショーが落ち目になった時、その時すでにスメサーストはその名前を名乗っていて、スメサーストはかつての友人に50ポンドを送りました
10-8b

After that, as Müller gathered, Kershaw had made sundry demands on Smethurst’s ever-increasing purse, and had accompanied these demands by various threats, which, considering the distant country in which the millionaire lived, were worse than futile.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

カーショーはスメサーストの増え続ける財力に様々な要求を出して、数々の脅迫文にそれらの要求を書き加えていました。大富豪が遠隔地に住んでいることを考慮すると、その脅迫は何の実害もありませんでした」
10-9b

“But now the climax had come, and Kershaw, after a final moment of hesitation, handed over to his German friend the two last letters purporting to have been written by Smethurst, and which, if you remember, played such an important part in the mysterious story of this extraordinary crime.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

しかしついにクライマックスが訪れました。少し躊躇った後、カーショーはドイツ人の友人に、スメサーストによって書かれたと称する最後の二通の手紙を手渡しました。そしてそれは、この奇妙な犯罪のミステリアスストーリーにとても重要な役割を果たしました」
11-1a

Reference : The Old Man in the Corner by Baroness Orczy(project gutenberg)
Japanese translation