カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

弁護士の人柄『#1_ジキル博士とハイド氏』和訳

今回のあらすじ

弁護士のミスターアターソンは感情を表に出さない人だった。しかし気心の知れた席で好みのワインを飲むとき等、しばしば感情がこぼれる場面があった。
彼は他人に寛大で、道を誤った人に対しても手を差し伸べる人だった。だからこそ、そんな人たちが最後にかかわる弁護士という立場になることがよくあった。
彼は弁護士事務所にやってくる人を拒まなかった。

following page : ジキル博士とハイド氏#2

contents : ジキル博士とハイド氏の記事一覧

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
主語述語・修飾語

Mr. Utterson the lawyer was a man of a rugged countenance that was never lighted by a smile; cold, scanty and embarrassed in discourse; backward in sentiment; lean, long, dusty, dreary and yet somehow lovable.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

弁護士のミスターアターソンは笑みを浮かべたりしない精悍な顔つきの男だった
会話では冷淡で、短く、きまりが悪い様子を浮かべた。
体は引き締まり、背が高く、着飾らず、寒々しかった。
けれども、どういうわけか、愛嬌のある男だった。

At friendly meetings, and when the wine was to his taste, something eminently human beaconed from his eye; something indeed which never found its way into his talk,

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

くつろげる会合で、ワインが彼の好みのものだった時に人間味あふれる何かが彼の瞳に輝いたが、その人間味あふれる何かは口調には現れなかった

but which spoke not only in these silent symbols of the after-dinner face, but more often and loudly in the acts of his life.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

しかしその人間味あふれる何かは食後だけでなく、彼の行動の端々に現れた

He was austere with himself; drank gin when he was alone, to mortify a taste for vintages; and though he enjoyed the theatre, had not crossed the doors of one for twenty years.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

彼は自分に厳しく、一人きりの時にはジンを飲んで高価なワインを控えた。彼は観劇が趣味だったのだが20年間劇場の扉をくぐっていなかった

But he had an approved tolerance for others; sometimes wondering, almost with envy, at the high pressure of spirits involved in their misdeeds; and in any extremity inclined to help rather than to reprove.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

彼は他人に対する寛容さを持っていた。時々、犯罪に関わって困っているのではないかと心配し、そして窮地にあるときには戒めるよりも助けたいと思っていた

“I incline to Cain’s heresy,” he used to say quaintly: “I let my brother go to the devil in his own way.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「私はカイン主義の傾向があるのですミスターアターソンは年寄り臭く言ったものだ。「私は兄弟を破滅させるのです」

In this character, it was frequently his fortune to be the last reputable acquaintance and the last good influence in the lives of downgoing men.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

この性格のために、破滅していく人の最後に残った良心的な知人となることや、最後に残った良き影響力のある人となることが頻繁にあった

And to such as these, so long as they came about his chambers, he never marked a shade of change in his demeanour.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

そして、こういった人に対して、彼らが彼の弁護士事務所にくる限り、彼は決して態度を変えなかった

source : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation
This site helps you learn Japanese