狭い交友関係『#2_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ

ミスターアターソンはどんな時も感情を表に出さない人だった。
交友関係の狭いミスターアターソンには、ミスターエンフィールドという友人がいたのだが、二人の関係性は余人にはうかがい知れないものだった。
というのも、二人でいても、会話もなく、つまらなそうに見えたのだ。しかし二人は毎週欠かさず一緒に出掛けるのだ。

「ジキル博士とハイド氏」記事一覧 #1~#15

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
subject/predicate

No doubt the feat was easy to Mr. Utterson; for he was undemonstrative at the best, and even his friendship seemed to be founded in a similar catholicity of good-nature.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

きっと、その芸当(犯罪者にも態度を変えない事)はミスターアターソンにとって簡単なのだろう。彼はほとんど感情を表に出さず、彼の友人関係でさえ一種の寛大さで成り立っているようなものなのだから。
1-1

It is the mark of a modest man to accept his friendly circle ready-made from the hands of opportunity; and that was the lawyer’s way.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

手を差し伸べられたことから、既存の友人の輪に入ることは控えめな人の特徴である。そしてそれがミスターアターソンの常だった。
2-1

His friends were those of his own blood or those whom he had known the longest; his affections, like ivy, were the growth of time, they implied no aptness in the object.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターアターソンの友人は彼の血縁者か、もしくはずっと昔から知っている人だった。彼の愛情は、ツタのように、ゆっくりと成長した。それは友達付き合いに適性が無い事を示した。
2-2

Hence, no doubt the bond that united him to Mr. Richard Enfield, his distant kinsman, the well-known man about town.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

だからこそ、その絆が遠い親族で有名人のミスターリチャードエンフィールドに彼を結び付けたのだろう
2-3

It was a nut to crack for many, what these two could see in each other, or what subject they could find in common.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

その二人が互いに何を見ていたのか、どんな共通の話題を見つけていたのか、それはかなりの難問だった
2-4

It was reported by those who encountered them in their Sunday walks, that they said nothing, looked singularly dull and would hail with obvious relief the appearance of a friend.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

日曜日の散歩中に彼らに遭遇した人によると
彼らは何も言わず、退屈そうにしていて、ほっとした表情で友人(散歩中に遭遇した人)の登場を出迎えたらしい。
3-1

For all that, the two men put the greatest store by these excursions, counted them the chief jewel of each week, and not only set aside occasions of pleasure, but even resisted the calls of business, that they might enjoy them uninterrupted.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

退屈そうだったにもかかわらず二人はこの小旅行をとても大切な物だと見なして、それらを毎週の一大事だと思っていた。娯楽の機会を脇に置くだけでなく、仕事の呼び出しにさえ抵抗した。彼らは毎週の小旅行を楽しんだのかもしれない。
3-2

Reference : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation