小切手の真贋『#10_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ

ミスターエンフィールドは偽物の小切手かもしれないと疑った。早朝に他人名義の多額の小切手をすぐに用意するなど、あり得ない事だからだ。(1)
だから、エンフィールドたち有志は男を自由にせず、一緒に銀行へ向かった。(2)
しかし、偽物だと疑われたその小切手は本物だった。(3)

「ジキル博士とハイド氏」記事一覧 #1~#15

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
subject/predicate

I took the liberty of pointing out to my gentleman that the whole business looked apocryphal, and that a man does not, in real life, walk into a cellar door at four in the morning and come out with another man’s cheque for close upon a hundred pounds.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

私はその男に、この取引全てが疑わしく見えると指摘しました。そして、現実では、人は朝四時に地下室の扉に入り、別人の100ポンド近い小切手を持って出てきたりしないと決めつけて指摘しました
1-1

But he was quite easy and sneering.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「私に疑われても、彼は全く平然として、冷笑していました
1-2

‘Set your mind at rest,’ says he, ‘I will stay with you till the banks open and cash the cheque myself.’

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「彼が言いました。『落ち着いてください。私はあなたと一緒にいましょう。銀行が開いて小切手を現金に換えるまで』」
1-3

So we all set off, the doctor, and the child’s father, and our friend and myself, and passed the rest of the night in my chambers;

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「そして私たちは移動しました。事件に関わった医者と、子供の父親、そして我々の支持者と私自身が私の部屋で夜明けまで過ごしました
2-1

and next day, when we had breakfasted, went in a body to the bank.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「日が昇り、朝食を食べると、私たちは銀行に乗り込みました
2-2

I gave in the cheque myself, and said I had every reason to believe it was a forgery.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

私はその小切手を手渡しました。そして、小切手が偽物であると信じるに足る十分な根拠があると言いました」
3-1

Not a bit of it.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「全然そんなことはありませんでした」
3-2

The cheque was genuine.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

その小切手は本物だったのです
=3-2

Reference : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation