カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

ブラックメールハウス『#11_ジキル博士とハイド氏』和訳

今回のあらすじ

ミスターアターソンは物語の結末に満足ではなかった。
ミスターアターソンが自分と同じ気持ちだと分かり、ミスターエンフィールドは自分の考えを付け加えた。おそらくその小切手は、その名義人から脅し取ったのだろうと。

previous page : ジキル博士とハイド氏#10

following page : ジキル博士とハイド氏#12

contents : ジキル博士とハイド氏の記事一覧

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
主語述語・修飾語

“Tut-tut!” said Mr. Utterson.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「チッ!」ミスターアターソンは舌打ちした

I see you feel as I do,” said Mr. Enfield.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「あなたも私と同じ気持ちのようですねミスターエンフィールドが言った。

“Yes, it’s a bad story.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールド)「ひどい話なのです

For my man was a fellow that nobody could have to do with, a really damnable man;

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールド)「その男は誰もが酷い男だと感じる奴だったのです

and the person that drew the cheque is the very pink of the proprieties, celebrated too, and (what makes it worse) one of your fellows who do what they call good.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールド)「小切手を書いた人はとても立派な人で、有名でもあり、そしてさらに悪いことに、善行を積むあなたの同僚の一人なのです

Blackmail, I suppose; an honest man paying through the nose for some of the capers of his youth.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールド)「恐喝したのでしょう。正直な人が若いころの不正行為のせいでお金を支払ったのでしょう」
(pay through the nose for: ぼられる)

Black Mail House is what I call the place with the door, in consequence.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールド)「私はあの場所をブラックメールハウス(恐喝小屋)と呼んでいます」

Though even that, you know, is far from explaining all,” he added, and with the words fell into a vein of musing.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「その名でさえ、すべてを伝えるには及ばないでしょうがミスターエンフィールドはその言葉を付け加えて、物思いにふけった

source : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation
This site helps you learn Japanese