嫌な人の特徴『#14_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ

ミスターアターソンは、その男について詳しく知りたがった。(1)
ミスターエンフィールドはその男について説明しようとしたが、なぜ嫌悪感を感じるのか、その理由を言葉では言い表せなかった。

「ジキル博士とハイド氏」記事一覧 #1~#15

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
subject/predicate

The pair walked on again for a while in silence;

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールドとミスターアターソンは黙ってしばらく歩き続けた
1-1

and then “Enfield,” said Mr. Utterson, “that’s a good rule of yours.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

それから、ミスターアターソンが言った。「エンフィールド、嘴を挟まないのはあなたの立派なルールです」
1-2

“Yes, I think it is,” returned Enfield.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「はい。そうだと思います」エンフィールドは答えた。
1-3

“But for all that,” continued the lawyer, “there’s one point I want to ask.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

弁護士のアターソンが続けた。「とはいうものの、尋ねたいことが一つあります
1-4

I want to ask the name of that man who walked over the child.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「私は子供を踏み越えたその男の名前を知りたいのです
1-5

“Well,” said Mr. Enfield, “I can’t see what harm it would do. It was a man of the name of Hyde.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールドは言った。「どんな危害が及ぶのかわかりませんよ。ハイドという名前の男でした
1-6

“Hm,” said Mr. Utterson. “What sort of a man is he to see?”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターアターソンは言った。「ふむ、彼はどんな人なのですか?
1-7

“He is not easy to describe. There is something wrong with his appearance; something displeasing, something down-right detestable.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターエンフィールド_「説明するのは簡単ではありません
彼の外見はどこかおかしく、人を不快にする何かがあり、純然たる忌まわしい何かがあります」
2-1

I never saw a man I so disliked, and yet I scarce know why.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「そんなに嫌いな男に会ったことがありません。でも、理由がわかりません」
2-2

He must be deformed somewhere; he gives a strong feeling of deformity, although I couldn’t specify the point.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「彼はどこかで姿を変えているに違いありません。彼は強い違和感を抱かせます。その点を具体的に指摘することはできないのですが」
2-3

He’s an extraordinary looking man, and yet I really can name nothing out of the way.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「彼は奇妙に見える男です。でも、その違和感を指摘できないのです」
2-4

No, sir; I can make no hand of it; I can’t describe him.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

お手上げです。私は彼を説明できません
2-5

And it’s not want of memory; for I declare I can see him this moment.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「覚えていないわけではありません。今でも彼を思い出せます」
2-6

Reference : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation