カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

失敗の教訓『#15_ジキル博士とハイド氏』和訳

今回のあらすじ

ミスターアターソンは友人の話の矛盾点を突き、友人の推測がそもそも成立しないのだと証明した。友人のエンフィールドもそれを認めて、今回の件で貴重な教訓を得た。ということかもしれない。(曖昧)

the preceding page : ジキル博士とハイド氏#14

the contents page : 記事一覧

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
主語述語・修飾語

Mr. Utterson again walked some way in silence and obviously under a weight of consideration.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターアターソンは再び無言でしばらく歩いた。明らかに深く考え込んだようすで。

“You are sure he used a key?” he inquired at last.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「ハイドはカギを使ったのでしょうか?」ミスターアターソンは尋ねた。

“My dear sir…” began Enfield, surprised out of himself.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「閣下……」エンフィールドは驚いて、ミスターアターソンの話に口をはさみかけた。

“Yes, I know,” said Utterson; “I know it must seem strange.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「ええ、わかります。それは不自然ですよね」アターソンは言った。

The fact is, if I do not ask you the name of the other party, it is because I know it already.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

(アターソン)「本当のところ、相手方の名前をあなたに聞かずとも、私は既に知っているのです」

You see, Richard, your tale has gone home.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

(アターソン)「ええ、そうです。リチャード、あなたの話は振出しに戻りました」
(ハイドがカギを使ったのであれば、その建物はハイドの住む家であり、ハイドが脅して小切手を書かせたという推測は成り立たないということ?)

If you have been inexact in any point you had better correct it.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

(アターソン)「いくつかの点で正確でなかったなら、あなたはそれを修正するべきでした」

“I think you might have warned me,” returned the other with a touch of sullenness.“But I have been pedantically exact, as you call it.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「あなたは私に忠告したつもりかもしれませんが、私は細かく正確でした。あなたが言うように」少し不機嫌そうにミスターエンフィールドは言い返した。

The fellow had a key; and what’s more, he has it still. I saw him use it not a week ago.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

(エンフィールド)「ハイドはカギを持っていました。しかも、彼はまだカギを持っています。鍵を閉めるのを見てから1週間もたっていません」

Mr. Utterson sighed deeply but said never a word; and the young man presently resumed.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターアターソンは深くため息をついて、もう何も言わなかった。
ミスターエンフィールドは少しして話を再開した。

“Here is another lesson to say nothing,” said he.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「もう一つのレッスンは、『喋らないこと』ですね」ミスターエンフィールドは言った。

“I am ashamed of my long tongue.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

(エンフィールド)「私は自分の長話が恥ずかしい」

Let us make a bargain never to refer to this again.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

(エンフィールド)「二度とこれに言及しないという取り決めを作りましょう」

“With all my heart,” said the lawyer. “I shake hands on that, Richard.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「全面的にその取り決めに同意します、リチャード」ミスターアターソンは言った。

reference : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation