話す甲斐が無い相手『#15_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ

アターソンはエンフィールドの話を聞いて、ずっと考え込んでいた。
彼がようやく尋ねたのは、小切手の名義人の名前ではなく、ハイドがブラックメールハウスの鍵を使ったか否かだった。
話を最後まで聞き終えて、その内容ではなく、説明不足だった部分をアターソンは指摘したのだ。
ミスターエンフィールドはガッカリして話すことをやめた。

「ジキル博士とハイド氏」記事一覧 #1~#15

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde
STORY OF THE DOOR 日本語訳
subject/predicate

Mr. Utterson again walked some way in silence and obviously under a weight of consideration.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターアターソンはまたしばらく歩いた。黙って、考えに没頭した様子で。

“You are sure he used a key?” he inquired at last.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「彼は鍵を使いましたか?」ミスターアターソンはようやく尋ねた。

“My dear sir…” began Enfield, surprised out of himself.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

エンフィールドは意表を突かれた。

“Yes, I know,” said Utterson; “I know it must seem strange.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

アターソンは言った。「そうです。それが不自然なのです」

The fact is, if I do not ask you the name of the other party, it is because I know it already.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「実は、あなたにもう一方の関係者の名前を聞かずとも、私は既にそちらの名前を知っているのです」

You see, Richard, your tale has gone home.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「リチャード、あなたの話は終わりました」

If you have been inexact in any point you had better correct it.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「不正確だったなら、あなたはそれを修正すべきでした」

“I think you might have warned me,” returned the other with a touch of sullenness.“But I have been pedantically exact, as you call it.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「あなたは私に注意したのでしょうが、私は正確でした。あなたの言う通りに」
ミスターエンフィールドはむすっとして答えた。

The fellow had a key; and what’s more, he has it still. I saw him use it not a week ago.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「その男は鍵を持っていて、さらに、今でも持っています。私は彼がそれを使うのを見ました」

Mr. Utterson sighed deeply but said never a word; and the young man presently resumed.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

ミスターアターソンは何も言わずに深くため息をついた。
ミスターエンフィールドは少しして再び話し始めた。

“Here is another lesson to say nothing,” said he.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「もう一つの教訓は、喋らない事です」ミスターエンフィールドは言った。

“I am ashamed of my long tongue.

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「私は自分の長話が恥ずかしいです」

Let us make a bargain never to refer to this again.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

「二度と話題にしないことにしましょう」

“With all my heart,” said the lawyer. “I shake hands on that, Richard.”

The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde

弁護士のアターソンが言った。「心から約束しましょう、リチャード」

Reference : The Strange Case Of Dr. Jekyll And Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson (project gutenberg)
Japanese translation