インドのオオカミ『#1_ジャングルブック』和訳

あらすじ

日が暮れて月が出ると、オオカミの狩りの時間だ。父オオカミは外へ狩りに出かけて、母オオカミは幼獣たちの面倒を見る。
そんな時間帯に、オオカミの洞穴に嫌われ者のジャッカルが現れた。

「ジャングルブック」記事一覧 #1~#35

ジャングルブック(対訳)
主語述語

It was seven o’clock of a very warm evening in the Seeonee hills when Father Wolf woke up from his day’s rest, scratched himself, yawned, and spread out his paws one after the other to get rid of the sleepy feeling in their tips.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

シーオニーヒルで父オオカミが昼寝から目を覚まし、体を伸ばして、あくびをして、手のひらを交互に広げて手先の眠気を飛ばしたのは、とても暖かな午後7時のことだった

Mother Wolf lay with her big gray nose dropped across her four tumbling, squealing cubs, and the moon shone into the mouth of the cave where they all lived.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

母オオカミは横になっていた。転がって甲高い声をあげる4匹の幼獣の中に大きな灰色の鼻先を降ろして。
彼らの住む洞穴の入口に月明かりが射した

“Augrh!” said Father Wolf. “It is time to hunt again.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

父オオカミが言った。「狩りの時間だ」

He was going to spring down hill when a little shadow with a bushy tail crossed the threshold and whined:

The Jungle Book by Rudyard Kipling

毛深い尻尾を持つ小さな影が洞穴の入口を横切り、高い声を出したとき、父オオカミは丘の下に跳ぶところだった

“Good luck go with you, O Chief of the Wolves. And good luck and strong white teeth go with noble children that they may never forget the hungry in this world.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「あなたに幸運が訪れますように。
そして立派な子供たちに幸運と強く白い牙が訪れますように。腹を空かせた者たちを忘れてはなりません」

It was the jackal—Tabaqui, the Dish-licker—and the wolves of India despise Tabaqui because he runs about making mischief, and telling tales, and eating rags and pieces of leather from the village rubbish-heaps.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

訪問者はディッシュリッカーのジャッカル、タバクイだった
インドのオオカミたちはタバクイを軽蔑している。タバクイは悪さをしたり、告げ口したり、村のゴミ山から布切れや革の切れ端を食い荒らしてうろつき回るからだ。

reference :The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation