カテゴリー
ジャングルブック

昼寝後のオオカミ『#1_ジャングルブック』

あらすじ

夕方に父オオカミは昼寝から目を覚まし、眠気を取るためのストレッチを始めた。そして父オオカミが狩りに出ようとしたとき、嫌われ者のジャッカルがやって来た。

>> #2 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ


#1 the jungle book 英語読み

It was seven o’clock of a very warm evening in the Seeonee hills when Father Wolf woke up from his day’s rest, scratched himself, yawned, and spread out his paws one after the other to get rid of the sleepy feeling in their tips.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

暖かな午後7時、シーオニーヒルズで父オオカミは昼寝から目を覚まし、体を伸ばして欠伸をして、そして眠気を取るために順々に掌を広げた。

Mother Wolf lay with her big gray nose dropped across her four tumbling, squealing cubs, and the moon shone into the mouth of the cave where they all lived.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

母オオカミは鳴き声を上げて転がる4匹の幼獣たちの中に鼻を突っ込んで横になっていた。月が彼らの住む洞窟の入り口を照らしていた。

“Augrh!” said Father Wolf. “It is time to hunt again.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 父オオカミは言った。「狩りの時間だ」

He was going to spring down hill when a little shadow with a bushy tail crossed the threshold and whined:“Good luck go with you, O Chief of the Wolves. And good luck and strong white teeth go with noble children that they may never forget the hungry in this world.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

父オオカミが丘を跳び下りようとすると、モジャモジャ尻尾の小さな影が入り口に現れた。「オオカミの旦那、成功を祈ります。そして気高い子供たちにも、飢えることのないように、立派な牙と幸運が訪れますように」

It was the jackal—Tabaqui, the Dish-licker—and the wolves of India despise Tabaqui because he runs about making mischief, and telling tales, and eating rags and pieces of leather from the village rubbish-heaps.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 それはタバクイというジャッカルだった。インドのオオカミたちはタバクイを嫌っている。彼はいたずらをしてうろつき回り、他人の私事をしゃべりたがり、村落のゴミ山からゴミを漁るのだから。

それはジャッカルのタバクイだった。インドのオオカミ達はタバクイを嫌悪している。タバクイが悪戯をしたり、うそを話したり、村のゴミ塚から革やボロを漁ってまわるからだ。

source:The Jungle Book by Rudyard Kipling
出典:ジャングルブック
著者:ラドヤード・キプリング
日本語訳