カテゴリー
ジャングルブック

野生動物は狂気を恐れる『#2_ジャングルブック』

あらすじ

オオカミたちは狂気を持つタバクイを嫌っていたし、恐れてもいた。狂犬病は野生動物にとって最も忌むべきものだから。
父オオカミはタバクイを嫌々住処に通し、タバクイは洞窟の奥で古びた骨を見つけて齧りついた。

<< #1 the jungle book

>> #3 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#2 the jungle book 英語読み

But they are afraid of him too, because Tabaqui, more than anyone else in the jungle, is apt to go mad, and then he forgets that he was ever afraid of anyone, and runs through the forest biting everything in his way.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼らはタバクイを恐れてもいた。なぜならジャングルの誰よりもタバクイはキレやすく、そしてその時、彼は恐れを忘れて、あらゆるものに咬みつきながら森を走るからだ。

Even the tiger runs and hides when little Tabaqui goes mad, for madness is the most disgraceful thing that can overtake a wild creature.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 リトルタバクイが発狂するときは虎でさえ逃げ隠れする。狂気は野生動物が罹患することのある最も醜い物だからだ。

We call it hydrophobia, but they call it dewanee—the madness—and run.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

我々はそれを狂犬病と呼ぶ。しかし彼らはそれを狂気と呼び、逃げる。

“Enter, then, and look,” said Father Wolf stiffly, “but there is no food here.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「入れ。そして見ろ」父狼はよそよそしく言った。「ここに食料はない」

“For a wolf, no,” said Tabaqui, “but for so mean a person as myself a dry bone is a good feast. Who are we, the Gidur-log [the jackal people], to pick and choose?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「オオカミにとってはそうでしょうが、私のような卑しいものにとって古い骨でもごちそうです。我々は食べ残しを漁るギダーログですよ?」

He scuttled to the back of the cave, where he found the bone of a buck with some meat on it, and sat cracking the end merrily.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼は洞窟の奥に駆けこみ、そこでいくらか肉の付いた牡鹿の骨を見つけ、嬉々として末端を割りながら座った。