カテゴリー
ジャングルブック

野生動物が恐れる狂気『#2_ジャングルブック』和訳

今回のあらすじ

ジャッカルのタバクイには嫌われて恐れられる理由があった。彼はすぐに狂乱し、森を走り回って誰彼構わず噛みつくのだ。ジャングルの動物たちは狂犬病を恐れて逃げることしかできない。

the preceding page : ジャングルブック#1

the following page : ジャングルブック#3

the contents page : ジャングルブック記事一覧

#2 the jungle book 日本語訳
主語述語・修飾語

But they are afraid of him too, because Tabaqui, more than anyone else in the jungle, is apt to go mad,

The Jungle Book by Rudyard Kipling

インドのオオカミはタバクイを恐れてもいた。タバクイはジャングルの誰よりも狂乱しやすいからだ。

and then he forgets that he was ever afraid of anyone, and runs through the forest biting everything in his way.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

狂乱するとタバクイは恐怖を忘れて、出会うもの全てに噛みつきながら森を駆け抜けるのだ

Even the tiger runs and hides when little Tabaqui goes mad, for madness is the most disgraceful thing that can overtake a wild creature.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

リトルタバクイが狂乱すると、トラでさえ逃げ隠れする。狂気は野生動物が罹患するものの中で最も恥ずべきものだからだ。

We call it hydrophobia, but they call it dewanee—the madness—and run.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

我々はそれを狂犬病と呼ぶが、彼ら野生動物はそれをドワニー(狂気)と呼ぶのだ

“Enter, then, and look,” said Father Wolf stiffly, “but there is no food here.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「中に入って、確かめてもいいですが、食べ物はありませんよ父オオカミはよそよそしく言った。

“For a wolf, no,” said Tabaqui, “but for so mean a person as myself a dry bone is a good feast. Who are we, the Gidur-log [the jackal people], to pick and choose?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

タバクイ)「オオカミの食べる物は無いのでしょうが、私のような意地汚い者にとって乾いた骨はご馳走なのです。我々ギダーログ(ジャッカル)が選り好みするとでも?」

He scuttled to the back of the cave, where he found the bone of a buck with some meat on it, and sat cracking the end merrily.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

タバクイは洞穴の奥に行き、そこでいくらか肉のついた雄鹿の骨を見つけて、楽し気に骨の端を割りながら座り込んだ

reference :The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。