カテゴリー
ジャングルブック

子供を褒めると縁起が悪い地域もある『#3_ジャングルブック』

あらすじ

タバクイは子供を褒めると縁起が悪いということを知りながら彼らの顔を褒めて、親オオカミの不快な表情を見て楽しんだ。そしてそのあと、悪いニュースをオオカミ達に伝える。

<< #2 the jungle book

>> #4 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#3 the jungle book 英語読み

“All thanks for this good meal,” he said, licking his lips.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「おいしい食事をどうもありがとう」唇を舐めながら彼は言った。

“How beautiful are the noble children! How large are their eyes! And so young too! Indeed, indeed, I might have remembered that the children of kings are men from the beginning.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「高貴な子供たちは若く、大きな瞳で、なんて綺麗なのだろう!王者の子供たちは初めから一人前だということを思い出しました」

Now, Tabaqui knew as well as anyone else that there is nothing so unlucky as to compliment children to their faces.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 子供たちの顔を褒めることが縁起でもないという事をタバクイは知っていた。

It pleased him to see Mother and Father Wolf look uncomfortable.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 不愉快な表情の母オオカミと父オオカミを見ることは彼を喜ばせた。

Tabaqui sat still, rejoicing in the mischief that he had made, and then he said spitefully:

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 タバクイは座ったまま、彼が仕掛けた悪戯に喜び、その後で悪意を持って彼は言った。

“Shere Khan, the Big One, has shifted his hunting grounds. He will hunt among these hills for the next moon, so he has told me.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「シアカンが狩場を移している。彼は次の月の期間この丘で狩りをするつもりだ。そのように彼は私に話した」