カテゴリー
ジャングルブック

騒々しいトラの声『#5_ジャングルブック』和訳

今回のあらすじ

騒々しい声でトラは狩りを行っていた。父オオカミはトラの狩りに悪態をつき、母オオカミはトラの獲物を察した。トラの出す音は人間を惑わすときの音だったのだ。

the preceding page : #4 the jungle book

the following page : #6 the jungle book

the contents page : ジャングルブック記事一覧

#5 the jungle book 日本語訳
主語述語・修飾語

Father Wolf listened, and below in the valley that ran down to a little river he heard the dry, angry, snarly, singsong whine of a tiger who has caught nothing and does not care if all the jungle knows it.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

父オオカミは耳をすませた。そして小川まで下った谷底で、ジャングルの住人に悟られるのも構わずに、獲物を捕まえられずに不満を表すトラの声が聞こえた

“The fool!” said Father Wolf. “To begin a night’s work with that noise! Does he think that our buck are like his fat Waingunga bullocks?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「そんな騒音を立てて夜の狩りをするなんて、愚か者め!我々の獲物がワインガンガの家畜と同類だと思っているのか?」父オオカミは言った。

“H’sh. It is neither bullock nor buck he hunts to-night,” said Mother Wolf. “It is Man.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「シアカンが今夜狩るのは雄牛でも雄鹿でもありません人間です母オオカミが言った。

The whine had changed to a sort of humming purr that seemed to come from every quarter of the compass.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

トラの鳴き声が四方八方から聞こえるようなハミングの音に変わった。

It was the noise that bewilders woodcutters and gypsies sleeping in the open, and makes them run sometimes into the very mouth of the tiger.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

屋外で眠っている木こりやジプシーを惑わし、トラの口に誘導する音だった

“Man!” said Father Wolf, showing all his white teeth. “Faugh! Are there not enough beetles and frogs in the tanks that he must eat Man, and on our ground too!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

人間!父オオカミは牙をむいて言った。「虫やカエルが足りていないから人間を食べるのでしょう。しかも我々の土地で!」

reference:The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。