カテゴリー
ジャングルブック

法律を守る理由『#6_ジャングルブック』

今回のあらすじ

ジャングルの法律では人喰いを禁じている。人を襲えば、大勢の人間たちが報復しにジャングルへやってきて、無関係な動物たちが巻き込まれるからだ。表向きは、弱い人間を襲うのはみっともないことだという理由で禁止しているのだが。

the preceding page : #5 the jungle book

the following page : #7 the jungle book

the contents page : 各記事へのリンク

#6 the jungle book 日本語訳
主語述語・修飾語

The Law of the Jungle, which never orders anything without a reason, forbids every beast to eat Man except when he is killing to show his children how to kill, and then he must hunt outside the hunting grounds of his pack or tribe.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

ジャングルの法律では、守るべき理由があり、すべての動物に人間を食べることを禁じている。子供に狩りの仕方を見せる時を除いて。そしてその時は、群れや家族の縄張りの外で狩らなければならない。

The real reason for this is that man-killing means, sooner or later, the arrival of white men on elephants, with guns, and hundreds of brown men with gongs and rockets and torches.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

その真の理由は人狩りが銃を持って象に乗った白い人間と、ドラとロケットと松明を持った数百の褐色の人間の出現を意味するからだ

Then everybody in the jungle suffers.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

そうなると、ジャングルに住む者たちは被害を受けるのだ

The reason the beasts give among themselves is that Man is the weakest and most defenseless of all living things, and it is unsportsmanlike to touch him.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

動物たちが身内に広めた表向きの理由は人間は弱く、生き物の中で最も無防備だから、人間に危害を加えるのはスポーツマンらしからぬ行為であるということだった。

They say too—and it is true—that man-eaters become mangy, and lose their teeth.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

動物たちはマンイーターは禿げて牙を失うと忌避する。それも真実である。

The purr grew louder, and ended in the full-throated “Aaarh!” of the tiger’s charge.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

シアカンの猫なで声が大きくなった。そして張り裂けんばかりの咆哮に変わった

Then there was a howl—an untigerish howl—from Shere Khan.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

それから、シアカンからトラらしくないうめき声があがった

“He has missed,” said Mother Wolf. “What is it?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「まさか失敗したの?母オオカミは言った。

reference:The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。