カテゴリー
ジャングルブック

オオカミたちは赤ん坊を観察する『#8_ジャングルブック』

あらすじ

その正体は人間の赤ん坊で、父オオカミは傷をつけないように赤ん坊を咥えて自分の子供たちのところへ運んだ。彼らが人間の赤ん坊を観察していると、月明かりが陰り、洞窟の入り口がシアカンの体でふさがった。

<< #7 the jungle book

>> #9 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#8 the jungle book 英語読み

A Wolf accustomed to moving his own cubs can, if necessary, mouth an egg without breaking it, and though Father Wolf’s jaws closed right on the child’s back not a tooth even scratched the skin as he laid it down among the cubs.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 自身の子供を運ぶことに慣れていたオオカミは、必要なら卵を割ることなく口にくわえることができる。父オオカミのあごが子供の背中を挟んだにもかかわらず、牙は肌を傷つけることなく、彼はそれを子供たちの中に横たえた。

“How little! How naked, and—how bold!” said Mother Wolf softly.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「なんて小さく、無防備で、そして恐れ知らずなのだろう!」母オオカミは優しく言った。

The baby was pushing his way between the cubs to get close to the warm hide.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 人間の赤ん坊は暖かな隠れ場所に近づくために、子オオカミたちを押しのけて進んだ。

“Ahai! He is taking his meal with the others. And so this is a man’s cub. Now, was there ever a wolf that could boast of a man’s cub among her children?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「彼は他の子と一緒に食事をとっている。これが人間の幼獣なのか。人間の幼獣を自慢するオオカミがこれまで居ただろうか?」

“I have heard now and again of such a thing, but never in our Pack or in my time,” said Father Wolf.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私はそのようなことを時々耳にしたことがあるが、我々の群れや私の時代では聞いたことがない」父オオカミは言った。

“He is altogether without hair, and I could kill him with a touch of my foot. But see, he looks up and is not afraid.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「彼はまったく毛を持っていない。私は彼を足先ひとつで死なせてしまうかもしれない。しかし見て。彼は怖がらずに見上げている」

The moonlight was blocked out of the mouth of the cave, for Shere Khan’s great square head and shoulders were thrust into the entrance.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 洞窟の入り口からさす月明かりが遮られた。シアカンの大きな四角い頭と肩が入り口に押し付けられたせいだ。

Tabaqui, behind him, was squeaking: “My lord, my lord, it went in here!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼の後ろに居るタバクイが金切り声をあげていた。「ご主人、ご主人、ここに入りました」