カテゴリー
ジャングルブック

母オオカミは子供を守る『#10_ジャングルブック』

あらすじ

ヒトの子は我々のものであり、オオカミの群れの一員として生き、そして最後にはシアカンを狩るであろうと母オオカミは予言した。地の利はオオカミにあり、そして母オオカミは死ぬまで戦うつもりだと理解したシアカンは身を引いたが、ヒトの子を諦めたわけではなかった。

<< #9 the jungle book

>> #11 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#10 the jungle book 英語読み

The tiger’s roar filled the cave with thunder.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 トラの咆哮が雷のような音で洞窟を満たした。

Mother Wolf shook herself clear of the cubs and sprang forward, her eyes, like two green moons in the darkness, facing the blazing eyes of Shere Khan.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 母オオカミが子供たちから離れて身体を振り、跳び出した。暗闇の中で緑の月のような瞳がシアカンの燃えるような瞳に立ちはだかる。

“And it is I, Raksha [The Demon], who answers. The man’s cub is mine, Lungri—mine to me! He shall not be killed. He shall live to run with the Pack and to hunt with the Pack; and in the end, look you, hunter of little naked cubs—frog-eater—fish-killer—he shall hunt thee! Now get hence, or by the Sambhur that I killed (I eat no starved cattle), back thou goest to thy mother, burned beast of the jungle, lamer than ever thou camest into the world! Go!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「ラクシャである私の答えだ。この人間の幼獣は私のものだ。彼は殺させない。彼は生きて群れと共に駆け、狩りをするであろう。そして見ていろ、最後には蛙喰いで魚喰いの幼い裸のハンターが、彼がお前を狩るであろう!さあ立ち去れ。さもなくば私の仕留めた野生の鹿のそばを通ってお前の母の所へ戻ることになるだろう。火傷してますます足が悪くなった獣よ、行け!」

Father Wolf looked on amazed.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 父オオカミは驚いて見ていた。

He had almost forgotten the days when he won Mother Wolf in fair fight from five other wolves, when she ran in the Pack and was not called The Demon for compliment’s sake.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼は5頭のオオカミたちから公正な勝負で母オオカミを勝ち取った日のことをほとんど忘れかけていた。そしてその時彼女は群れに入り、悪魔と呼ばれなくなったのだ。

Shere Khan might have faced Father Wolf, but he could not stand up against Mother Wolf, for he knew that where he was she had all the advantage of the ground, and would fight to the death.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

シアカンは父オオカミとは正面から話し合っていたかもしれないが、母オオカミに対して逆らうことはできなかった。彼がいる場所が彼女に有利な場所であり、死ぬまで戦うつもりであることを理解していたので。

So he backed out of the cave mouth growling, and when he was clear he shouted:

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼は唸りながら洞窟の入り口から下がった。広々とした場所に来た時、彼は叫んだ。

“Each dog barks in his own yard! We will see what the Pack will say to this fostering of man-cubs. The cub is mine, and to my teeth he will come in the end, O bush-tailed thieves!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「自分たちの土地で吠えあうがいい!群れが人間の幼獣を育てることに何と言うか確かめるとしよう。その幼獣は私のものだ。最後には、私の牙にやってくるだろう。尻尾がモジャモジャの泥棒め!」