カテゴリー
ジャングルブック

母オオカミの異名『#10_ジャングルブック』和訳

今回のあらすじ

母オオカミは洞窟の前でうなるシアカンの正面に立ちふさがった。彼女は子供を守るために戦うつもりだったのだ。この光景を見て、父オオカミは母オオカミの異名を思い出していた。彼女は以前恐ろしい異名で呼ばれていたのだ。

the preceding page : #9 the jungle book

the following page : #11 the jungle book

the contents page : The Jungle Book 記事一覧

#10 the jungle book 日本語訳
主語述語・修飾語

The tiger’s roar filled the cave with thunder.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

トラの唸り声がオオカミの洞窟をビリビリと揺らした

Mother Wolf shook herself clear of the cubs and sprang forward, her eyes, like two green moons in the darkness, facing the blazing eyes of Shere Khan.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

母オオカミは体を揺すって幼獣たちを振り払い、前に飛び出した。闇に浮かぶ二つの緑月のような母オオカミの瞳が、激しく怒るシアカンの瞳とぶつかった。

“And it is I, Raksha [The Demon], who answers. The man’s cub is mine, Lungri—mine to me! He shall not be killed. He shall live to run with the Pack and to hunt with the Pack; and in the end, look you, hunter of little naked cubs—frog-eater—fish-killer—he shall hunt thee! Now get hence, or by the Sambhur that I killed (I eat no starved cattle), back thou goest to thy mother, burned beast of the jungle, lamer than ever thou camest into the world! Go!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「それならば、答えるのは私、ラクシャ(ザ・デーモン)だ。
この人間の幼獣は私のモノだ、ルングリ!
彼は死んではならない。彼は生きて、群れと共に走り、群れと共に狩りをしなければならない。そして最後には、見ていろ、小さな毛のない幼獣のハンターはフロッグイーターとなり、フィッシュキラーとなり、そして、タイガーハンターとなるだろう。
母親のもとに帰れ。火傷のせいで生まれた時よりも足が悪くなった獣よ、行け!」

Father Wolf looked on amazed.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

父オオカミは驚いてみていた

He had almost forgotten the days when he won Mother Wolf in fair fight from five other wolves, when she ran in the Pack and was not called The Demon for compliment’s sake.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

父オオカミは他の5頭のオオカミから彼女を勝ち取った日の事をほとんど忘れかけていた。その時に彼女はこの群れに加わり、ザ・デーモンと呼ばれなくなったのだ。

Shere Khan might have faced Father Wolf, but he could not stand up against Mother Wolf, for he knew that where he was she had all the advantage of the ground, and would fight to the death.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

シアカンは父オオカミとは戦ったかもしれないが、母オオカミに立ち向かうことはできなかった。母オオカミは地の利があり、死ぬまで戦うつもりだと分かったからだ。

So he backed out of the cave mouth growling, and when he was clear he shouted:

The Jungle Book by Rudyard Kipling

シアカンは唸りながら洞窟の外に後退った。そして離れると、大声をあげた。

“Each dog barks in his own yard! We will see what the Pack will say to this fostering of man-cubs. The cub is mine, and to my teeth he will come in the end, O bush-tailed thieves!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

犬というのはどいつもこいつも自分の庭では吠えるものだ。我々はオオカミの群れが人間の幼獣の養育になんと言うのか見てみよう。その幼獣は私のモノだ。最後には私の牙にかかるだろう。モジャモジャ尻尾の泥棒め!」

reference:The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。