カテゴリー
ジャングルブック

人間の赤子はオオカミの群れに受け入れられるのか?『#13_ジャングルブック』

あらすじ

モウグリの番になると、岩山の裏からシアカンの声が上がった。しかしオオカミの長であるアケーラは耳を貸すことなく、今までと同じようにオオカミたちに子供を確認するように言った。
 若い狼が人間の子についての疑問を発言した。ジャングルの法では幼獣についての論争がある場合、その子の両親以外の2名がその子について弁護できると定めてある。もしもその2名が見つからなければ戦いになるだろうと母オオカミは覚悟した。

<< #12 the jungle book

>> #14 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#13 the jungle book 英語読み

Akela never raised his head from his paws, but went on with the monotonous cry: “Look well!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 アケーラは前足から頭を上げず、単調に続けた。「よく見ろ!」

A muffled roar came up from behind the rocks—the voice of Shere Khan crying: “The cub is mine. Give him to me. What have the Free People to do with a man’s cub?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 不鮮明な咆哮が岩山の後ろからあがった。シアカンの叫び声だ。「その幼獣は私のものだ。彼を私に渡せ。自由の民が人間の幼獣をどうするつもりだ?」

Akela never even twitched his ears.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 アケーラは特に耳を動かすこともしなかった。

All he said was: “Look well, O Wolves! What have the Free People to do with the orders of any save the Free People? Look well!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「よく見ろ、オオカミたちよ!自由の民が自由の民を守るためにどうするべきか?よく見るんだ!」

There was a chorus of deep growls, and a young wolf in his fourth year flung back Shere Khan’s question to Akela: “What have the Free People to do with a man’s cub?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 低い唸り声の合唱が起きた。四年目の若い狼がアケーラにシアカンの問いを投げ返した。「自由の民が人間の幼獣をどうするのです?」

Now, the Law of the Jungle lays down that if there is any dispute as to the right of a cub to be accepted by the Pack, he must be spoken for by at least two members of the Pack who are not his father and mother.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 さて、ジャングルの法はこう定めてある。もし群れに受け入れられる幼獣の権利についての論争が起きたなら、父と母以外の群れのメンバー少なくとも2名によって弁護されるべきであると。

“Who speaks for this cub?” said Akela. “Among the Free People who speaks?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「この幼獣を誰が弁護する?」アケーラは言った。「自由の民の中で誰が話す?」

There was no answer and Mother Wolf got ready for what she knew would be her last fight, if things came to fighting.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 答えはなく、母オオカミはもし戦いになったら彼女の最後の戦いになるだろうという心構えを持った。