カテゴリー
ジャングルブック

幼子を守るクマのバロー『#14_ジャングルブック』

あらすじ

若い狼たちの教師役であるヒグマのバローが人間の子供の弁護に立った。オオカミの長のアケーラがもう一頭必要だと声を上げると、サークルに黒い影が降り立った。黒豹のバケーラだ。

<< the jungle book 13

>> the jungle book 15

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#14 the jungle book 英語読み

Then the only other creature who is allowed at the Pack Council—Baloo, the sleepy brown bear who teaches the wolf cubs the Law of the Jungle: old Baloo, who can come and go where he pleases because he eats only nuts and roots and honey—rose upon his hind quarters and grunted.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 群れの会議に参加することが許された唯一のオオカミ以外の獣、オオカミの幼獣たちにジャングルの法を教える眠そうなヒグマのバローが立ち上がり、声を上げた。彼は木の実と根っこと蜂蜜しか食べないので好きに行き来することができた。

“The man’s cub—the man’s cub?” he said. “I speak for the man’s cub. There is no harm in a man’s cub. I have no gift of words, but I speak the truth. Let him run with the Pack, and be entered with the others. I myself will teach him.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「人間の子供? 私は人間の子供を弁護する。人間の子供に害はない。うまく話せないが、本当だ。彼を他の幼獣と一緒に加入させ、群れと行動を共にさせよう。私が彼を指導します」彼は言った。

“We need yet another,” said Akela. “Baloo has spoken, and he is our teacher for the young cubs. Who speaks besides Baloo?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「もう一頭必要だ。バローが声を上げた。彼は我々の若者の教師だ。バロー以外に誰が声を上げる?」アケーラが言った。

A black shadow dropped down into the circle.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 黒い影がサークルに降りた。

It was Bagheera the Black Panther, inky black all over, but with the panther markings showing up in certain lights like the pattern of watered silk.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 身体中まっくろだが、濡れたシルクのように輝くヒョウ柄を持った黒豹のバケーラだった。

Everybody knew Bagheera, and nobody cared to cross his path; for he was as cunning as Tabaqui, as bold as the wild buffalo, and as reckless as the wounded elephant.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 皆がバケーラを知っており、誰も彼の行く手を妨げなかった。彼はタバクイのように狡猾で、ワイルドバッファローのように勇猛で、手負いの象のように怖いもの知らずだったからだ。

But he had a voice as soft as wild honey dripping from a tree, and a skin softer than down.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼は木から滴る野蜜のように甘い声と羽毛より柔らかな肌を持っていた。