カテゴリー
ジャングルブック

腹ペコの狼たちに魅力的な提案『#15_ジャングルブック』

あらすじ

黒豹のバゲーラはジャングルの法をよく知っていた。幼獣に疑義が持ち上がった時、相応の代償を支払うことで解決を図ってもよいという決まりを持ち出し、もしも人間の幼獣を認めるのなら、自分が仕留めた雄牛を代償として差し出すことを宣言した。

<< #14 the jungle book

>> #16 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

the jungle book #15 英語読み

“O Akela, and ye the Free People,” he purred, “I have no right in your assembly, but the Law of the Jungle says that if there is a doubt which is not a killing matter in regard to a new cub, the life of that cub may be bought at a price. And the Law does not say who may or may not pay that price. Am I right?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「アケーラ、そして自由の民よ、私はあなた達の会議にでる権利を持っていない。しかしジャングルの法には、もしも新しい幼獣に関する殺傷事件以外の問題があるのならば、その幼獣の生命は代償で贖われてもよいと言われている。そして法はその代償を誰が払うか言及していない。そうですね?」彼は甘い声で言った。

“Good! Good!” said the young wolves, who are always hungry. “Listen to Bagheera. The cub can be bought for a price. It is the Law.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「その通り! その通り!」常に腹ペコのオオカミたちが言った。「バゲーラの話を聞こう。幼獣は代償で贖うことができる。それが法だ」

“Knowing that I have no right to speak here, I ask your leave.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私がここで話す権利を持っていないことはわかっているので、私はあなたたちの許可を求めます」

“Speak then,” cried twenty voices.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「それなら、話して」20頭の大声が上がった。

“To kill a naked cub is shame. Besides, he may make better sport for you when he is grown. Baloo has spoken in his behalf. Now to Baloo’s word I will add one bull, and a fat one, newly killed, not half a mile from here, if ye will accept the man’s cub according to the Law. Is it difficult?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「裸の幼獣を殺すなんて恥ずかしい。それに彼が育てば、彼はあなた方のより良い娯楽になるでしょう。バローが彼の代理で話しました。今度は私がバローの言葉に一頭の雄牛を加えましょう。ここから半マイルも離れていない場所の、仕留めたばかりの太った雄牛を。もしもあなた方が法に従い、人間の幼獣を受けるれるのならば。難しいですか?」