カテゴリー
ジャングルブック

オオカミたちはモウグリを群れの一員と認めた『#16_ジャングルブック』

あらすじ

オオカミたちは雄牛という代償を受け取り、モウグリの加入を許すことにした。そしてモウグリの顔を確認してから雄牛を取りに行った。シアカンは怒りの声を上げていたが、バゲーラが現れなければ喜びの声を上げていただろう。
 群れの長アケーラはヒトの子が群れの助けになることを願っていた。

<<#15 the jungle book

>> #17 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#16 the jungle book 英語読み

There was a clamor of scores of voices, saying:

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 数多くの声が騒めいた。

“What matter? He will die in the winter rains. He will scorch in the sun. What harm can a naked frog do us? Let him run with the Pack. Where is the bull, Bagheera? Let him be accepted.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「どうでもいいことだろう? 彼は冬の雨で死ぬし、太陽で焦げるのだから。裸の蛙が我々にどんな害をなす?
 バゲーラ、雄牛はどこにある? 彼を受け入れてやろう」

And then came Akela’s deep bay, crying: “Look well—look well, O Wolves!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 アケーラの低い吠え声が生じた。「よく見ろオオカミたちよ!」


Mowgli was still deeply interested in the pebbles, and he did not notice when the wolves came and looked at him one by one.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 モウグリは依然として小石に強い興味を持っていて、彼はオオカミたちがやってきて彼を観察したことに気づかなかった。

At last they all went down the hill for the dead bull, and only Akela, Bagheera, Baloo, and Mowgli’s own wolves were left.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 最後に彼らは死んだ雄牛を求めて丘を降りていき、アケーラ、バゲーラ、バロー、そうしてモウグリの一家だけが残された。

Shere Khan roared still in the night, for he was very angry that Mowgli had not been handed over to him.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 シアカンはモウグリが引き渡されなかったことに怒っており、夜になっても吠えていた。

“Ay, roar well,” said Bagheera, under his whiskers, “for the time will come when this naked thing will make thee roar to another tune, or I know nothing of man.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「あぁ、いっぱい吠えろ」バゲーラが言った。「私が人間のことを知らなければ、この赤ん坊はお前に違う声を上げさせているだろうから」

“It was well done,” said Akela. “Men and their cubs are very wise. He may be a help in time.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「上手に受け入れられた。人間たちと彼らの赤子はとても賢い。彼は相応しい時に助けとなるだろう」アケーラは言った。

“Truly, a help in time of need; for none can hope to lead the Pack forever,” said Bagheera.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「本当に、もしもの時に助けとなるでしょう。永遠に群れを導くことは誰にもできないのだから」バケーラは言った。