モウグリの教育『#18_ジャングルブック』和訳

languagelearning_junglebook18
handwriting

the summary/今回のあらすじ

モウグリは木の登り方を教わったり、オオカミが目を合わせないことを学んだり、オオカミたちの肉球に刺さったトゲを抜いたりして10年を過ごした。人間の様子を見に行ったりもしたが、ジャングルに仕掛けられた罠カゴを見て人間に不信感を抱いていた。
バギーラはお腹を空かせるとあらゆるものを狩ったが、モウグリは牛に手を出さないよう教えられ、その言いつけを守った。

the previous page : #17 the jungle book

the next page : #19 the jungle book

the contents page : The Jungle Book 各記事へのリンク

#18 the jungle book 日本語訳
the subject/the predicate

Bagheera would lie out on a branch and call, “Come along, Little Brother,” and at first Mowgli would cling like the sloth, but afterward he would fling himself through the branches almost as boldly as the gray ape.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

バギーラは枝の上に寝そべって、よく声をあげていた。「頑張りなさい、リトルブラザー」最初、モウグリはナマケモノのようにしがみついていた。しかし慣れると、彼は灰色猿のように大胆に枝々を飛び移るようになった

He took his place at the Council Rock, too, when the Pack met, and there he discovered that if he stared hard at any wolf, the wolf would be forced to drop his eyes, and so he used to stare for fun.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリはカウンシルロックでも自分の席を手に入れた。そしてそこで、オオカミをじっと見つめるとオオカミは不自然に視線を逸らすことに彼は気づいた。だからモウグリは以前は面白がって見つめたものだ

At other times he would pick the long thorns out of the pads of his friends, for wolves suffer terribly from thorns and burs in their coats.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

普段、モウグリは友人らの肉球から棘を抜くことがよくあった。オオカミたちは棘や毛皮に付いたイガに苦しんでいたのだ。

He would go down the hillside into the cultivated lands by night, and look very curiously at the villagers in their huts, but he had a mistrust of men because Bagheera showed him a square box with a drop gate so cunningly hidden in the jungle that he nearly walked into it, and told him that it was a trap.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリは夜間に山腹を下りて人間の土地に行って、あばら家の村人たちを興味ありげに見つめることがよくあった。しかし彼は人間に不信感を抱いていた
バギーラがモウグリに落とし扉のついた四角い箱を見せたからだ。とても巧妙にジャングルに隠されていて、モウグリは危うく箱に入るところだった。バギーラはそれが罠であるとモウグリに教えた

He loved better than anything else to go with Bagheera into the dark warm heart of the forest, to sleep all through the drowsy day, and at night see how Bagheera did his killing.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリはバギーラと一緒に暗くあたたかな森の中心に行き、一日中まどろむことを他の何よりも好んだ。そして夜には、バギーラの狩り方を見て覚えた。

Bagheera killed right and left as he felt hungry, and so did Mowgli—with one exception.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

バギーラはお腹がすくと、好きなように狩りをしたモウグリもそうした。一つの例外を除いて。

As soon as he was old enough to understand things, Bagheera told him that he must never touch cattle because he had been bought into the Pack at the price of a bull’s life.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリが物事の意味が解るほど成長するとすぐに、決して牛を口にしてはならないとバギーラは彼に教えた。モウグリは雄牛の命を代償にして、この群れに受け入れられたからだ。

“All the jungle is thine,” said Bagheera, “and thou canst kill everything that thou art strong enough to kill; but for the sake of the bull that bought thee thou must never kill or eat any cattle young or old. That is the Law of the Jungle.” Mowgli obeyed faithfully.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「ジャングルはあなたのものです。あなたは狩れる物すべてを狩って良い。しかし、あなたの代わりに雄牛が犠牲となったのだから、どんな牛でも決して狩ったり食べたりしてはいけません。若かろうとも、老いていようとも。それがジャングルの法ですバギーラの言葉をモウグリは忠実に守った。

reference:The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation