カテゴリー
ジャングルブック

雄牛に手を出してはいけない理由『#18_ジャングルブック』

あらすじ

モウグリは木の登り方を教わったり、オオカミが目を合わせないことを学んだり、オオカミたちの肉球に刺さったトゲを抜いたりと過ごした。人間の様子を見に行ったりもしたが、ジャングルに仕掛けられた罠カゴを見て人間に不信感を抱いていた。
 モウグリはバゲーラと共に森の奥で微睡むことを好んだ。バゲーラはお腹を空かせるとあらゆるものを狩ったが、モウグリは自分の代償として群れに捧げられた雄牛に手を出さないよう教えられ、その言いつけを守った。

<< #17 the jungle book

>> #19 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#18 the jungle book 英語読み

Bagheera would lie out on a branch and call, “Come along, Little Brother,” and at first Mowgli would cling like the sloth, but afterward he would fling himself through the branches almost as boldly as the gray ape.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 バゲーラは枝に横たわり呼んだ。「頑張りなさいリトルブラザー」
 最初、モウグリはナマケモノのように枝にしがみついたのだが、じきに猿のように大胆に枝を飛び移るようになった。

He took his place at the Council Rock, too, when the Pack met, and there he discovered that if he stared hard at any wolf, the wolf would be forced to drop his eyes, and so he used to stare for fun.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 群れが集まった時に彼はカウンシルロックに席を貰った。そしてそこで、彼が何頭かのオオカミをじっと凝視したら、そのオオカミは不自然に視線を落とすことになることに彼は気づいた。だから彼は悪戯に凝視した。

At other times he would pick the long thorns out of the pads of his friends, for wolves suffer terribly from thorns and burs in their coats.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 またある時には、オオカミたちが毛皮についたイバラとイガにひどく苦しむので、彼は友の肉球から長いトゲを抜いた。

He would go down the hillside into the cultivated lands by night, and look very curiously at the villagers in their huts, but he had a mistrust of men because Bagheera showed him a square box with a drop gate so cunningly hidden in the jungle that he nearly walked into it, and told him that it was a trap.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 夜、彼は山腹を降り、開墾された土地に向かった。そして小屋の中の村人をとても奇妙に眺めた。彼は人間に不信感を持っていた。なぜなら、モウグリが危うく足を踏み入れそうになるほどジャングルにとても巧妙に隠された落とし蓋の付いた四角い箱をバゲーラが彼に見せ、それが罠であることをモウグリに教えたからだ。

He loved better than anything else to go with Bagheera into the dark warm heart of the forest, to sleep all through the drowsy day, and at night see how Bagheera did his killing.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼はバゲーラと一緒に暗く暖かな森の中心部へ行き、一日中微睡むことを何よりも好んだ。そして夜にはバゲーラが彼の狩りの仕方を見せた。

Bagheera killed right and left as he felt hungry, and so did Mowgli—with one exception.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 バゲーラは空腹を感じると何でも狩り、モウグリもそうした。たった一つを除いて。

As soon as he was old enough to understand things, Bagheera told him that he must never touch cattle because he had been bought into the Pack at the price of a bull’s life.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼が物事を弁えるのに十分成長するとすぐに、雄牛の命を犠牲にして群れに受け入れられたのだから、決して雄牛を口にしてはならないとバゲーラは彼に教えた。

“All the jungle is thine,” said Bagheera, “and thou canst kill everything that thou art strong enough to kill; but for the sake of the bull that bought thee thou must never kill or eat any cattle young or old. That is the Law of the Jungle.” Mowgli obeyed faithfully.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 バゲーラが言った。「ジャングルすべては貴方のものだ。貴方は何でも狩ることができる。狩りができるほど強いのだから。しかし若いものであろうと年老いた者であろうと、汝の代償になった雄牛を食べたり狩ったりすべきではない。それがジャングルの法だ」
 モウグリは誠実に言いつけを守った。