カテゴリー
ジャングルブック

危機感のないモウグリ『#20_ジャングルブック』

あらすじ

至る所に情報源を持つバゲーラはシアカンの思惑を知っていて、モウグリに注意を促していた。それに対してモウグリは、自分には群れの仲間も、バゲーラもバローもいるから恐れる必要などないと笑って答えた。

<< #19 the jungle book

>> #21 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#20 the jungle book 英語読み

Bagheera, who had eyes and ears everywhere, knew something of this, and once or twice he told Mowgli in so many words that Shere Khan would kill him some day.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 あちこちに目と耳を持っていたバゲーラはこのことを知っていて、いつかモウグリを殺すつもりなのだと言葉を尽くして彼に話した。

Mowgli would laugh and answer: “I have the Pack and I have thee; and Baloo, though he is so lazy, might strike a blow or two for my sake. Why should I be afraid?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 モウグリは笑って答えたものだ。「私には群れがいるし、貴方もいる。そしてバローはナマケモノだけど私のために1,2発殴ってくれるかもしれない。恐れる必要はないでしょう?」


It was one very warm day that a new notion came to Bagheera—born of something that he had heard.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 それはとても暖かな日だった。彼がとあること聞いたことから新たな考えが生じた。

Perhaps Ikki the Porcupine had told him; but he said to Mowgli when they were deep in the jungle, as the boy lay with his head on Bagheera’s beautiful black skin, “Little Brother, how often have I told thee that Shere Khan is thy enemy?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 おそらくハリネズミのイッキが彼に話したのだろう。彼らがジャングルの奥深くに居て、少年がバゲーラの美しい肌に頭を乗せていた時に、バゲーラはモウグリに言った。
「リトルブラザー、何度も私はシアカンが敵であると貴方に話しましたね?」

“As many times as there are nuts on that palm,” said Mowgli, who, naturally, could not count.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「ヤシの実と同じくらい何度も聞きました」数えることのできないモウグリは言いました。

“What of it? I am sleepy, Bagheera, and Shere Khan is all long tail and loud talk—like Mao, the Peacock.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「だから何ですか? バゲーラ、私は眠たいです。シアカンはただ長い尻尾を持ち、やかましいだけです。孔雀のマオと同じように」