危機感のないモウグリ『#20_ジャングルブック』和訳

あらすじ

至る所に情報源を持つバゲーラはシアカンの思惑を知っていて、モウグリに注意を促していた。それに対してモウグリは、自分には群れの仲間も、バゲーラもバローもいるから恐れる必要などないと笑って答えた。

「ジャングルブック」記事一覧 #1~#35

#20 the jungle book 日本語訳
the subject/the predicate

Bagheera, who had eyes and ears everywhere, knew something of this, and once or twice he told Mowgli in so many words that Shere Khan would kill him some day.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

バギーラはあちこちに目と耳を持っていて、シアカンの暗躍を知っていた
バギーラは何度か、シアカンがいつの日かモウグリを殺すだろう、そのようにハッキリとモウグリに告げた。

Mowgli would laugh and answer: “I have the Pack and I have thee; and Baloo, though he is so lazy, might strike a blow or two for my sake. Why should I be afraid?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリは笑って答えるのが常だった。
「私には群れがあり、そしてあなたがいます。とても怠け者だけど、私の為にバローも戦ってくれるかもしれません。恐れる必要がありますか?


It was one very warm day that a new notion came to Bagheera—born of something that he had heard.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

ある暑い日のことだった。バギーラはあることを耳にして、考えを改めた

Perhaps Ikki the Porcupine had told him; but he said to Mowgli when they were deep in the jungle, as the boy lay with his head on Bagheera’s beautiful black skin, “Little Brother, how often have I told thee that Shere Khan is thy enemy?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

ヤマアラシのイッキが彼に話したのかもしれない。ジャングルの奥で、モウグリがバギーラに頭を預けて横になっていた時、バギーラはモウグリに言った。
「リトルブラザー、シアカンがあなたの敵であると何度も言っていますよね?」

“As many times as there are nuts on that palm,” said Mowgli, who, naturally, could not count.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「ヤシの実の数と同じくらい何度も聞きました
当然のことながら、モウグリは数を数えられなかった。

“What of it? I am sleepy, Bagheera, and Shere Khan is all long tail and loud talk—like Mao, the Peacock.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリ_「それがどうしました?私は眠いのです、バギーラ。シアカンは尻尾が長くて口うるさいだけの動物です。クジャクのマオみたいに」