カテゴリー
ジャングルブック

モウグリは火を手に入れる『#26_ジャングルブック』

あらすじ

モウグリは人間の家に到着し、子供までもが火を扱っているのを見て、自分にも扱えると確信した。モウグリは子供の手から火の入ったカゴを取り上げて霧の中に消えた。
食事を与えるために、彼は小枝と乾いた樹皮を火の中に落とした。

<< #25 the jungle book

>> #27 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#26 the jungle book 英語読み

Then he pressed his face close to the window and watched the fire on the hearth.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 彼は窓に顔を押し付け、暖炉の火を見つめた。

He saw the husbandman’s wife get up and feed it in the night with black lumps.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 農夫の妻が起床し、それに黒い塊を与えるのを彼は見た。

And when the morning came and the mists were all white and cold, he saw the man’s child pick up a wicker pot plastered inside with earth, fill it with lumps of red-hot charcoal, put it under his blanket, and go out to tend the cows in the byre.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 朝が来て霧が広がり、子供が枝編みのポットを拾い上げ、赤く熱い炭でそれを満たし、毛布の下にそれを置き、牛舎の牛に向かうのを彼は見た。

“Is that all?” said Mowgli. “If a cub can do it, there is nothing to fear.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「それだけ?」モウグリが言った。「子供ができるのなら、不安がることなど何もない」

So he strode round the corner and met the boy, took the pot from his hand, and disappeared into the mist while the boy howled with fear.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 そして彼は角を曲がり、少年を出迎え、彼の手からポットを取った。そして少年が恐怖で叫ぶのと同時に、霧の中に姿を消した。

“They are very like me,” said Mowgli, blowing into the pot as he had seen the woman do.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「彼らは私にそっくりだ」女性がやっていた通りに、ポットに息を吹き込みながら、モウグリは言った。

“This thing will die if I do not give it things to eat”; and he dropped twigs and dried bark on the red stuff.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「もしも私が食べる物を与えなければ、死んでしまうのだろう」彼は小枝と乾いた樹皮を火に落とした。

Halfway up the hill he met Bagheera with the morning dew shining like moonstones on his coat.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 丘の中腹で彼はムーンストーンのような朝露を毛皮に付けたバゲーラに出会った。