カテゴリー
ジャングルブック

レッドフラワーの記憶『#27_ジャングルブック』

あらすじ

モウグリはファイアーポットを手に入れて、オオカミになる前の幼いころにレッドフラワーのそばで寝ていたことを思い出した。そして一日かけてレッドフラワーを花開かせる枝を見つけた。彼は笑いながら会議に向かった。

<< #26 the jungle book

>> #28 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#27 the jungle book 英語読み

“Akela has missed,” said the Panther. “They would have killed him last night, but they needed thee also. They were looking for thee on the hill.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「アケーラが失敗しました」豹は言った。「彼らは昨夜彼を殺そうとしたが、貴方も必要でした。彼らは貴方を丘で探していましたよ」

“I was among the plowed lands. I am ready. See!” Mowgli held up the fire-pot.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私は耕された土地に居ました。準備はできています。見て!」モウグリはファイアーポットを掲げた。

“Good! Now, I have seen men thrust a dry branch into that stuff, and presently the Red Flower blossomed at the end of it. Art thou not afraid?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「よろしい! 私は人間たちが乾いた枝をそれに押し付け、やがてレッドフラワーが花開くのを見たことがあります。貴方は恐ろしいですか?」

“No. Why should I fear? I remember now—if it is not a dream—how, before I was a Wolf, I lay beside the Red Flower, and it was warm and pleasant.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「いいえ。どうして私が恐れるかもしれないと? 今思い出しました。夢でないとしたら、私がオオカミになる前に私はレッドフラワーのそばで横になっていました。それは暖かく快適でした」

All that day Mowgli sat in the cave tending his fire pot and dipping dry branches into it to see how they looked.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 一日中モウグリはファイアーポットの様子を見て乾いた枝を入れたり、世話をしながら洞窟に座っていた。

He found a branch that satisfied him, and in the evening when Tabaqui came to the cave and told him rudely enough that he was wanted at the Council Rock, he laughed till Tabaqui ran away. Then Mowgli went to the Council, still laughing.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 モウグリはレッドフラワーを喜ばせる枝を見つけた。夕方にタバクイがやってきて、彼が会議に欠けていると伝えた時、彼はタバクイが帰るまで笑っていた。そしてモウグリは笑ったまま会議に向かった。