ただの読書好きが苦手な英語に手を伸ばした結果

幼いころの記憶『#27_ジャングルブック』対訳


storyline/今回のあらすじ

モウグリはレッドフラワーを手に入れて、丘に戻ってきた。彼は幼いころにレッドフラワーの傍にいたことを覚えていて、火に恐怖を感じなかった。そして上手くレッドフラワーが咲く枝(火付きの良い枝)を探して、会議の場へ向かった。

“The Jungle Book” contents page

the jungle book 日本語訳
subject/predicate

“Akela has missed,” said the Panther. “They would have killed him last night, but they needed thee also. They were looking for thee on the hill.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

バギーラ_「アケーラが狩りを失敗しました。オオカミたちは昨晩アケーラを殺したかったのでしょうが、あなたが居なかったので彼はまだ生きています。オオカミたちは丘であなたを探していました」

“I was among the plowed lands. I am ready. See!” Mowgli held up the fire-pot.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリ_「私は開拓地の中にいました。準備はできています。見てください!」モウグリはファイアポットを掲げた。

“Good! Now, I have seen men thrust a dry branch into that stuff, and presently the Red Flower blossomed at the end of it. Art thou not afraid?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

バギーラ_「素晴らしい!人間がその中に枯れ枝を入れて、その後しばらくして開花したレッドフラワーを見たことがあります。怖くありませんか?」

“No. Why should I fear? I remember now—if it is not a dream—how, before I was a Wolf, I lay beside the Red Flower, and it was warm and pleasant.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリ_「怖くありません。どうして私が怖がると思うのですか?私は覚えています。夢でなければ、私はオオカミになる前にレッドフラワーの傍らにいました。暖かくて気持ちが良かったです」

All that day Mowgli sat in the cave tending his fire pot and dipping dry branches into it to see how they looked.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

日中、モウグリは洞窟の中でファイアポットの世話をしながら、何本もの枯れ枝を押し当てて様子を観察した。

He found a branch that satisfied him, and in the evening when Tabaqui came to the cave and told him rudely enough that he was wanted at the Council Rock, he laughed till Tabaqui ran away. Then Mowgli went to the Council, still laughing.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

モウグリは満足のいく枝を一本見つけた。
夕方、タバクイが洞窟にやって来て、モウグリがカウンシルロックで指名手配されていることを語ると、モウグリはタバクイが逃げ出すまで笑い続けた。
それから、モウグリは笑ったままカウンシルロックに向かった。

Reference : The Jungle Book by Rudyard Kipling(project gutenberg)
Japanese translation