カテゴリー
ジャングルブック

狼のリーダーになるには『#29_ジャングルブック』

あらすじ

アケーラは自分をリーダーの座から降ろすために行われた企みを受け入れていた。狩りに失敗した自分に問答は必要なく、オオカミたちがやるべきことは次のリーダーを決めるために、自分に引導を渡す1頭を選出することだと言った。1対1で戦うことがジャングルの掟だった。そしてアケーラに向かうオオカミはいなかった。

<< #28 the jungle book

>> #30 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#29 the jungle book 英語読み

Akela raised his old head wearily:—

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 アケーラは億劫そうに顔を上げた。

“Free People, and ye too, jackals of Shere Khan, for twelve seasons I have led ye to and from the kill, and in all that time not one has been trapped or maimed.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「フリーピープル、そしてシアカンの犬たちよ、私は獲物をしとめることで12期に渡って汝らを導いてきた。その期間、誰一人として罠にかけられ、傷を負わされた者はいない」

Now I have missed my kill.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「最近、私は獲物をしとめるのに失敗した」

Ye know how that plot was made. Ye know how ye brought me up to an untried buck to make my weakness known. It was cleverly done.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「汝らは知っている。この筋書きが作られたということを。
 汝らは知っている。手傷を負っていない雄牛の所へ私を連れ出したということを。弱さを知らせるために。
 それは巧妙に行われた」

Your right is to kill me here on the Council Rock, now. Therefore, I ask, who comes to make an end of the Lone Wolf? For it is my right, by the Law of the Jungle, that ye come one by one.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「あなたたちのするべきことは、カウンシルロックで私を殺すことだ。故に尋ねる。誰がローンウルフの最後を作りにやってくる?ジャングルの法に従い、汝らが一人ずつかかってくることが私に与えられた権利だ」

There was a long hush, for no single wolf cared to fight Akela to the death.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 アケーラと戦いたがるオオカミはおらず、長い静寂が訪れた。

Then Shere Khan roared: “Bah! What have we to do with this toothless fool? He is doomed to die!

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 シアカンが吠えた。「歯のない愚か者に何をする必要がある? 彼は死ぬことが定められている」

It is the man-cub who has lived too long. Free People, he was my meat from the first. Give him to me. I am weary of this man-wolf folly. He has troubled the jungle for ten seasons.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「人間の子供だ。フリーピープルよ、彼は最初から私の食料だった。彼を私に渡せ。私は人間と狼の馬鹿げた行為にうんざりしている。彼は10の期間ジャングルに迷惑をかけている」

Give me the man-cub, or I will hunt here always, and not give you one bone.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私にヒトの子を渡せ。さもなくば私はずっとここで狩りをして、お前たちに骨ひとつ渡さない」

He is a man, a man’s child, and from the marrow of my bones I hate him!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「彼は人間だ。人間の子供だ。私は骨の髄から彼が気に食わない」