カテゴリー
ジャングルブック

10年前も昔のことなど関係ない『#30_ジャングルブック』

あらすじ

「モウグリは群れと共に食べ、寝て、遊び、そして法を守ってきた」シアカンの要求に、アケーラはそう答えた。
「群れに迎えられる為に対価を支払ったではないか」バゲーラがアケーラに続いて言った。
10年も前の取引に、なぜ今も縛られなければならないのかという声に、バゲーラは牙を剥いた。

<< #29 the jungle book

>> #31 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#30 the jungle book 英語読み

Then more than half the Pack yelled: “A man! A man! What has a man to do with us? Let him go to his own place.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 群れの過半数が怒鳴り声をあげた。「人間だ!人間だ!人間が我々と共に何をしているのだ?彼の居るべき場所に彼を向かわせろ」

“And turn all the people of the villages against us?” clamored Shere Khan.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「村落の人間たちを敵に回すのか?」シアカンが喚いた。

“No, give him to me. He is a man, and none of us can look him between the eyes.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「ダメだ。彼を私に渡せ。彼は人間だ。我々のうちで誰も目を合わせて彼を見ることができないのだから」

Akela lifted his head again and said, “He has eaten our food. He has slept with us. He has driven game for us. He has broken no word of the Law of the Jungle.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 アケーラが再び頭を持ち上げて言った。「彼は我々の食料を食べてきた。彼は我々と一緒に眠ってきた。彼は我々の遊びを遊んできた。彼はジャングルのどんな掟も破ったことはなかった」

“Also, I paid for him with a bull when he was accepted. The worth of a bull is little, but Bagheera’s honor is something that he will perhaps fight for,” said Bagheera in his gentlest voice.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「さらに言えば、彼が受け入れられた時、私は彼のために雄牛を支払った。雄牛はおそらく取り合いになるくらいの価値はあるはずだ」バゲーラは穏やかな声で言った。

“A bull paid ten years ago!” the Pack snarled. “What do we care for bones ten years old?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「10年前に雄牛は支払われた!10年前の骨など我々が気にする必要があるのか?」群れは唸った。

“Or for a pledge?” said Bagheera, his white teeth bared under his lip. “Well are ye called the Free People!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 白い牙を剥きだしてバゲーラは言った。「約束を守る必要があるかだと?汝らはフリーピープルと呼ばれているのだぞ!」

“No man’s cub can run with the people of the jungle,” howled Shere Khan. “Give him to me!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「どんな人間の子供も、ジャングルの住人と一緒に走ることはできない」シアカンが吠えた。「私に彼を渡せ」