カテゴリー
ジャングルブック

命の使い道『#31_ジャングルブック』

あらすじ

モウグリの命を助けるならば、新しいリーダーを決める戦いで相手に牙を剥かず、死を受け入れるとアケーラは誓った。そしてそうすることで戦いに倒れるであろう数名の命が助かり、さらに、罪のない兄弟を群れの仲間が殺すという恥ずべき行為から群れを救うことができるのだとアケーラは続けた。

<< #30 the jungle book

>> #32 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#31 the jungle book 英語読み

“He is our brother in all but blood,” Akela went on, “and ye would kill him here!

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「彼は血統を除けば完全に我らの兄弟だ。お前たちは彼を殺すつもりだろう!」アケーラはしゃべり続けた。

In truth, I have lived too long. Some of ye are eaters of cattle, and of others I have heard that, under Shere Khan’s teaching, ye go by dark night and snatch children from the villager’s doorstep.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私は長く生きすぎた。お前たちの何名かは家畜喰らいだ。シアカンの教えのもと、お前たちは夜中に村の玄関口から子供を攫っていることを他の者から聞いている」

Therefore I know ye to be cowards, and it is to cowards I speak.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「故に、私はお前たちが腰抜けであるという事を知っている」

It is certain that I must die, and my life is of no worth, or I would offer that in the man-cub’s place.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私が死ぬべきなのは確かだ。私の命に価値はない。いや、私は人の子の代わりに私の命を差し出そうと思う」

But for the sake of the Honor of the Pack,—a little matter that by being without a leader ye have forgotten,—I promise that if ye let the man-cub go to his own place, I will not, when my time comes to die, bare one tooth against ye.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「指導者が不在になることなど些細な問題だ。それよりも群れの審議を守るために、居るべき場所にヒトの子を向かわせるのならば、私が死ぬときに汝らに対して牙を剥かないと私は約束する。

I will die without fighting. That will at least save the Pack three lives.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私は戦うことなく死のう。そうすれば少なくとも3頭の命を救うだろう」

More I cannot do; but if ye will, I can save ye the shame that comes of killing a brother against whom there is no fault—a brother spoken for and bought into the Pack according to the Law of the Jungle.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私はこれ以上できない。汝らがそうするのなら、ジャングルの法に従って代弁され、対価を払われた罪のない兄弟を害するという不名誉な事から汝らを救うことができる」

“He is a man—a man—a man!” snarled the Pack. And most of the wolves began to gather round Shere Khan, whose tail was beginning to switch.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「彼は人間だ。人間だ。人間だ!」群れは唸り声をあげた。大多数のオオカミがシアカンの周りに集まりだした。シアカンの尻尾が動きかけた。