カテゴリー
ジャングルブック

モウグリの涙『#34_ジャングルブック』

あらすじ

モウグリは火を使ってシアカンを撃退し、狼たちにアケーラを開放し危害を加えないよう命じた。そして彼は火のついた枝を振り回して会議に集まった狼たちを追い払った。後に残ったのはアケーラ、バゲーラ、モウグリと関わりのある10頭ほどの狼たちだけだった。
 すべてが済んで、モウグリは涙を流した。

<< #33 the jungle book

>> #35 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#34 the jungle book 英語読み

“Pah! Singed jungle cat—go now! But remember when next I come to the Council Rock, as a man should come, it will be with Shere Khan’s hide on my head.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「ふん!焦がされたジャングルキャットよ、さあ行け!
忘れるな。次に私がカウンシルロックにやって来た時、その時私はシアカンの革を頭に被っているはずだ。

For the rest, Akela goes free to live as he pleases.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

それとアケーラは解放しろ」

Ye will not kill him, because that is not my will.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私が望んでいないのだから、あなた達は彼を殺してはならない」

Nor do I think that ye will sit here any longer, lolling out your tongues as though ye were somebodies, instead of dogs whom I drive out—thus! Go!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「そしてまた、やましいことなどないかのように、舌を垂らしながらあなた方が座り続けることも望まない。行け!」

The fire was burning furiously at the end of the branch, and Mowgli struck right and left round the circle, and the wolves ran howling with the sparks burning their fur.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 火が枝の先端で激しく燃えていた。モウグリは広場を回って左右に枝をふるった。オオカミ達は毛皮を燃やす火の粉に泣きながら走った。

At last there were only Akela, Bagheera, and perhaps ten wolves that had taken Mowgli’s part.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 最後に、アケーラ、バゲーラ、そして10頭ほどのオオカミ達だけになった。

Then something began to hurt Mowgli inside him, as he had never been hurt in his life before, and he caught his breath and sobbed, and the tears ran down his face.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 それから何かがモウグリを傷つけ始めた。彼は今までの人生で傷つけられたことがなかった。彼はしゃくりあげて泣いた。そして涙が顔を流れ落ちた。