カテゴリー
ジャングルブック

モウグリは涙を知り、ジャングルを去る『#35_ジャングルブック』

あらすじ

顔を流れ落ちる水滴が何なのか解らず、モウグリはバゲーラに尋ねた。それが涙と言うものだと教えられたモウグリは、ジャングルから離れる悲しみに、涙を流した。
ジャングルを去る前に、母に別れを告げるため、モウグリは洞窟へ向かった。母狼、父狼、4匹の子狼と、またすぐに丘のふもとで会う約束をして別れ、モウグリは人間と会うために山を下りた。

<< #34 the jungle book

The Jungle Book 各記事へのリンク一覧はコチラ

#35 the jungle book 英語読み

“What is it? What is it?” he said. “I do not wish to leave the jungle, and I do not know what this is. Am I dying, Bagheera?”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「なんだ、なんだ?」モウグリは言った。「私はジャングルを去りたくないし、これが何なのかもわからない。バゲーラ、私は死にかけているのですか?」

“No, Little Brother. That is only tears such as men use,” said Bagheera.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「いいえ、リトルブラザー。それは人間の使う涙というものです」バゲーラは言った。

“Now I know thou art a man, and a man’s cub no longer. The jungle is shut indeed to thee henceforward. Let them fall, Mowgli. They are only tears.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「貴方が一人前の大人であることがわかりました。もはや幼獣ではありません。今後、ジャングルは貴方に対して閉じられます。モウグリ、涙を流しましょう。それはただの涙です」

So Mowgli sat and cried as though his heart would break; and he had never cried in all his life before.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 モウグリは座り込み、胸が張り裂けんばかりに泣いた。彼はこれまでの人生で泣いたことがなかった。

“Now,” he said, “I will go to men. But first I must say farewell to my mother.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「さあ、人間の所へ行きましょう。しかし先に母に別れを言わなければなりません」モウグリは言った。

And he went to the cave where she lived with Father Wolf, and he cried on her coat, while the four cubs howled miserably.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 モウグリは母オオカミと父オオカミの住む洞穴へ向かった。彼は母オオカミの毛皮で泣き、同時に4匹の幼獣も悲し気に吠えた。

“Ye will not forget me?” said Mowgli.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私を忘れませんよね?」モウグリは言った。

“Never while we can follow a trail,” said the cubs.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「私たちが痕跡をたどれる限り、決して忘れない」幼獣たちは言った。

“Come to the foot of the hill when thou art a man, and we will talk to thee; and we will come into the croplands to play with thee by night.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

「人間になったら丘のふもとに来て。私たちはあなたに話しかけます。そして夜には遊びに行きます」

“Come soon!” said Father Wolf. “Oh, wise little frog, come again soon; for we be old, thy mother and I.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 父オオカミは言った。「なるべく早く来なさい!賢いリトルフロッグ、あなたの母も、そして私も老いるのだから、急いで戻ってきなさい」

“Come soon,” said Mother Wolf, “little naked son of mine. For, listen, child of man, I loved thee more than ever I loved my cubs.”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 母オオカミが言った。「すぐに戻りなさい、私の裸ん坊の息子よ。聞きなさい、私は自分の息子のようにあなたを大切に思っていました」

“I will surely come,” said Mowgli. “And when I come it will be to lay out Shere Khan’s hide upon the Council Rock. Do not forget me! Tell them in the jungle never to forget me!”

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 モウグリは言った。「きっと戻ります。私が戻る時、カウンシルロックにシアカンの皮を敷くことになるでしょう。私を忘れないでください!私を忘れないようジャングルの皆に伝えて!」

The dawn was beginning to break when Mowgli went down the hillside alone, to meet those mysterious things that are called men.

The Jungle Book by Rudyard Kipling

 人間と呼ばれる未知の存在に会うために、モウグリが一人で山腹を降りていると、夜が明け始めた。