オユキの正体『#9_怪談_雪女』和訳

今回のあらすじ

ミノキチはオユキのような美人を見た夜の事を彼女に話した。彼はその光景が夢だったのか現実だったのか判断できなかった。
オユキはミノキチの話を聞き終えて、誰にも話さないという約束を破ったことを責めた。彼女は空気に溶けて消えて、二度と現れなかった。

「怪談」記事一覧(5編)

#9_YUKI-ONNA 日本語訳
主語述語・修飾語

Then Minokichi told her about the terrible night in the ferryman’s hut,—and about the White Woman that had stooped above him, smiling and whispering,—and about the silent death of old Mosaku. And he said:—

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチは渡し守の小屋での恐ろしい夜について、自分に迫ってきた白い女性について、そしてモサク老人の静かな死についてオユキに話した

“Asleep or awake, that was the only time that I saw a being as beautiful as you.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチは言った。「寝ても覚めても、私があなたのような美しい人を見たのはその時だけでした

Of course, she was not a human being; and I was afraid of her,—very much afraid,—but she was so white!…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチもちろん彼女は人間ではありませんでした
私は彼女に恐怖を感じました。とても強い恐怖を感じましたが、彼女はとても輝いていました!」

Indeed, I have never been sure whether it was a dream that I saw, or the Woman of the Snow.”…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチ実際、私は自信がありませんでした。それが私の見た夢だったのか、雪女だったのか

O-Yuki flung down her sewing, and arose, and bowed above Minokichi where he sat, and shrieked into his face:—

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

オユキは針仕事を放り出して、立ち上がり、座っているミノキチの上にかがみこみ、彼に向かって金切り声を上げた

“It was I—I—I! Yuki it was! And I told you then that I would kill you if you ever said one word about it!…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

オユキ「それは私です。私です。私です!ユキです!私はその時あなたに言いました。夜の事について一言でも口にしたら、あなたを殺すと!

But for those children asleep there, I would kill you this moment!

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

オユキ「そこで眠る子供たちがいなければ、私はこの瞬間にあなたを殺していました!

And now you had better take very, very good care of them; for if ever they have reason to complain of you, I will treat you as you deserve!”…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「これからあなたは子供たちをよりいっそう大切にしなければなりません。子供たちが文句を言ったとしても、あなたには当然の報いでしょう!」

Even as she screamed, her voice became thin, like a crying of wind;—then she melted into a bright white mist that spired to the roof-beams, and shuddered away through the smoke-hold… Never again was she seen.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

金切り声を上げた途端オユキの声は風鳴り音のようにか細くなった。彼女は輝く白い霧に溶けて、天井に上っていき、煙室を通って拡散した。彼女は二度と現れなかった