深夜の呼び出し『#5怪談_耳なし芳一』対訳


Last Updated on 2022-03-17

storyline/今回のあらすじ

深夜に近づいてくる足音が聞こえて、ホウイチはお坊さんが帰ってきたのだと思った。しかしホウイチの名前を呼んだのは聞き覚えのない声で、驚いて返事をするのが遅れてしまった。
深夜にやって来た客人が言うには、高貴な人々が壇ノ浦の歌を聞きたがっているので、すぐに向かうようにとのことだった。

“KWAIDAN” contents page

KWAIDAN
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI 日本語訳
subject/predicate

Hōïchi was too much startled, for the moment, to respond; and the voice called again, in a tone of harsh command,—“Hōïchi!”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチはあまりにも驚いて、少しの間、返事ができなかった
その声は厳しい命令口調でもう一度呼んだ
「ホウイチ!」

“Hai!” answered the blind man, frightened by the menace in the voice,—“I am blind!—I cannot know who calls!”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「はい!」声の圧に怯えて、ホウイチは答えた。
「私は目が見えません!どなたが呼んだのかわからないのです

“There is nothing to fear,” the stranger exclaimed, speaking more gently.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

恐れることは無い」見知らぬ声は先ほどより優しい口調で言った。

“I am stopping near this temple, and have been sent to you with a message.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「私はこのお寺の近くに滞在していて、お前に伝言を持ってきたのだ

My present lord, a person of exceedingly high rank, is now staying in Akamagaséki, with many noble attendants.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

私の主はたいそう高貴な方なのだが、その主は現在、身分の高い従者たちと共に赤間関に滞在している

He wished to view the scene of the battle of Dan-no-ura; and to-day he visited that place.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「主は壇ノ浦の戦いの現場を見たいと望まれた。そして今日、主はその場所を訪れたのだ」

Having heard of your skill in reciting the story of the battle, he now desires to hear your performance: so you will take your biwa and come with me at once to the house where the august assembly is waiting.”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「壇ノ浦の戦いを暗唱するお前の噂を聞いていて主はお前の演奏を聞きたいと望まれた。琵琶をもって、高貴な人々が待つ屋敷へすぐに私と一緒に行きなさい

Reference : kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
Japanese translation