身分制度『#6怪談_耳なし芳一』対訳


Last Updated on 2022-03-18

storyline/今回のあらすじ

サムライの命令を断れる時代ではなかった。ホウイチはそのサムライに連れられて外出した。
ホウイチはサムライが完全武装していることが分かり、思ったよりも身分の高い人に呼ばれているのかもしれないと考えた。

“KWAIDAN” contents page

KWAIDAN
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI 日本語訳
subject/predicate

In those times, the order of a samurai was not to be lightly disobeyed.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

当時、サムライの命令は軽々しく断れるものではなかった

Hōïchi donned his sandals, took his biwa, and went away with the stranger, who guided him deftly, but obliged him to walk very fast.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチはサンダルを履き、琵琶を持ち、見知らぬサムライと一緒に出掛けた
サムライはホウイチを器用に案内したが、速く歩くように急かした

The hand that guided was iron; and the clank of the warrior’s stride proved him fully armed,—probably some palace-guard on duty.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチが握った手は鉄だった足取りの金属音は彼が完全武装していると示していた。どこかに勤める衛兵なのかもしれない。

Hōïchi’s first alarm was over: he began to imagine himself in good luck;—for, remembering the retainer’s assurance about a “person of exceedingly high rank,” he thought that the lord who wished to hear the recitation could not be less than a daimyō of the first class.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチの当初の警戒心が解けた。彼は幸運を想像し始めた。というのも、そのサムライの『非常に高貴な人』という言葉を覚えていて、ホウイチの暗唱を聞きたいという貴人は大名以上の身分かもしれないと考えたからだ。

Presently the samurai halted; and Hōïchi became aware that they had arrived at a large gateway;—and he wondered, for he could not remember any large gate in that part of the town, except the main gate of the Amidaji.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

やがてサムライは立ち止まったホウイチは大きな門構えに到着したのだと認識した。彼は不思議に思った。その場所にある大きな門に覚えがなかったからだ。阿弥陀寺の正門を除いて。

Kaimon!” the samurai called,—and there was a sound of unbarring; and the twain passed on.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

開門!」サムライが大声をあげた。すると、閂を外す音がして、二人は門を通り抜けた。

Reference : kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
Japanese translation