平家の歌『#8怪談_耳なし芳一』対訳


Last Updated on 2022-03-21

storyline/今回のあらすじ

ホウイチが案内された部屋には、彼の席が用意されていた。ホウイチが席に座って準備を整えると、侍女頭と思しき女性の声が貴人の求める歌の内容を伝えてきた。
その内容すべてを歌うには幾晩も必要だったので、どの場面を歌うべきかホウイチが問うと、彼女は壇ノ浦の戦いを歌うように言った。

“KWAIDAN” contents page

KWAIDAN
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI 日本語訳
subject/predicate

Hōïchi was told to put himself at ease, and he found a kneeling-cushion ready for him.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチは楽にするようにと言われた。彼は自分のために座布団が用意してあるのだとわかった。

After having taken his place upon it, and tuned his instrument, the voice of a woman—whom he divined to be the Rōjo, or matron in charge of the female service—addressed him, saying,—

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

座布団に座り、琵琶の調律が終わると、女性の声がホウイチに話しかけた。ホウイチは彼女をロウジョ、すなわち侍女頭であると推測した。
(老女(ろうじょ)は武家や公家で侍女の筆頭である女性のこと)

“It is now required that the history of the Heiké be recited, to the accompaniment of the biwa.”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

平家の歴史が語られている歌を所望されております。琵琶の演奏と共に」

Now the entire recital would have required a time of many nights: therefore Hōïchi ventured a question:—

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

全てを独唱するには幾晩もの時間が必要だった。故にホウイチは思い切って質問した。

“As the whole of the story is not soon told, what portion is it augustly desired that I now recite?”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「平家の歴史のすべては語りつくせるものではありません。今回、私はどの部分を歌えばいいのでしょう?

The woman’s voice made answer:—

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

女性の声が答えた。

“Recite the story of the battle at Dan-no-ura,—for the pity of it is the most deep.”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

壇ノ浦の戦いの話を歌いなさい。壇ノ浦の戦いが最も悲しみ深い物語なのだから」

Reference : kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
Japanese translation