口が重い『#13怪談_耳なし芳一』対訳


Last Updated on 2022-04-02

storyline/今回のあらすじ

深夜の外出が明らかになり、お坊さんから外出の理由を問われたホウイチは、秘密の仕事に出かけているのだと答えた。
お坊さんは不審に思い、秘密裏にホウイチを見張るよう奉公人に命じた。

“KWAIDAN” contents page

KWAIDAN
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI 日本語訳
subject/predicate

Hōïchi answered, evasively,—“Pardon me kind friend! I had to attend to some private business; and I could not arrange the matter at any other hour.”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチは曖昧に答えた。
「申し訳ありません!ある秘密の仕事に出かけなければならなかったのです。私はそれを他の時間に変えることができませんでした」

The priest was surprised, rather than pained, by Hōïchi’s reticence: he felt it to be unnatural, and suspected something wrong.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

お坊さんは、ホウイチの口の重さに、怒るというよりも驚いた
お坊さんはそれを不審に思い、何かがおかしいと感じた

He feared that the blind lad had been bewitched or deluded by some evil spirits.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

目の見えない若者が悪霊に魅入られたか惑わされたかしたのではないかとお坊さんは心配になった。

He did not ask any more questions; but he privately instructed the men-servants of the temple to keep watch upon Hōïchi’s movements, and to follow him in case that he should again leave the temple after dark.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

お坊さんはそれ以上質問しなかった
しかし彼は内密にお寺の奉公人にホウイチの動きを見張り、暗くなってお寺を出るなら後をつけるよう指示を出した

Reference : kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
Japanese translation