瞑想『#18怪談_耳なし芳一』対訳

あらすじ

ホウイチは助言通りにベランダでじっとしていた。すると足音が近づいてきて、ホウイチの前で止まった。ホウイチを呼ぶ声がしたが、ホウイチは答えず、動かなかった。

「怪談」記事一覧(5編)

KWAIDAN
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI 日本語訳
subject/predicate

After dark the priest and the acolyte went away; and Hōïchi seated himself on the verandah, according to the instructions given him.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

日が暮れて、お坊さんとお弟子さんは外出したホウイチはベランダに座った。与えられた命令に従って。

He laid his biwa on the planking beside him, and, assuming the attitude of meditation, remained quite still,—taking care not to cough, or to breathe audibly. For hours he stayed thus.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチは近くの板の間に琵琶を置き、瞑想の姿勢をとって、じっとしていた。咳き込んだり、呼吸音に気を付けながら。
何時間もホウイチはそうしていた。

Then, from the roadway, he heard the steps coming.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

道路から、近づいてくる足音が聞こえた

They passed the gate, crossed the garden, approached the verandah, stopped—directly in front of him.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

足音は門をくぐり、庭を横切り、ベランダに近づいて、止まった。ホウイチの正面に。

“Hōïchi!” the deep voice called. But the blind man held his breath, and sat motionless.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「ホウイチ!」低い声が呼んだ。しかしホウイチは息を殺して、動かずに座っていた

“Hōïchi!” grimly called the voice a second time. Then a third time—savagely:—“Hōïchi!”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「ホウイチ!」その声は厳しい調子でもう一度呼んだ。そして三度目にひどく怒って、「ホウイチ!」

Hōïchi remained as still as a stone,—and the voice grumbled:—

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ホウイチは石のようにじっとしていた。ホウイチを呼ぶ声は不平をこぼした。

“No answer!—that won’t do!… Must see where the fellow is.”…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

「返事が無い!まずい!ホウイチの居場所を見つけなければ」

Reference : kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
Japanese translation