カテゴリー
怪談

都会で教育を受けた才女『#1_ 葬られた秘密・怪談』和訳

今回のあらすじ

タンバの国に裕福な商人が住んでいた。彼の娘はとても賢く可愛かったので、商人は娘を都会に行かせて教育を受けさせた。その結果、彼女は優れた教養を身に着け、父親の知人と結婚した。彼らには一人息子が生まれたが、彼女自身は結婚から4年目に病気で亡くなってしまった。

following page : 葬られた秘密#2

contents : 怪談の記事一覧

#1_A DEAD SECRET 日本語訳
主語述語・修飾語

A long time ago, in the province of Tamba, there lived a rich merchant named Inamuraya Gensuke.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

その昔、タンバの国にイナムラヤ・ゲンスケという名前の裕福な商人が住んでいた

He had a daughter called O-Sono.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼にはオソノという名の娘がいた

As she was very clever and pretty, he thought it would be a pity to let her grow up with only such teaching as the country-teachers could give her:

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

オソノはとても賢く可愛かったのでタンバの国の教師が教える授業だけで彼女を育てるのは可哀そうだろうとゲンスケは考えた。
(名詞 pity : 同情、哀れみ)

so he sent her, in care of some trusty attendants, to Kyoto, that she might be trained in the polite accomplishments taught to the ladies of the capital.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

なのでゲンスケは京都の信頼できる世話人のところにオソノを送り出した
するとオソノは都会の女性に教えを受けて優れた教養を身に着けた
(動詞 train : ~を訓練する、~を養う)

After she had thus been educated, she was married to a friend of her father’s family—a merchant named Nagaraya;—and she lived happily with him for nearly four years.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

オソノは教育を受けた後、父親の知人(ナガラヤという商人)と結婚した。そして彼女は彼と共に4年ほど幸せに暮らした

They had one child,—a boy. But O-Sono fell ill and died, in the fourth year after her marriage.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼らには一人息子がいた
しかしオソノは病に倒れ、亡くなってしまった。結婚して四年目に。

source : kwaidan by Lafcadio Hearn
出典:怪談
著者:ラフカディオハーン/小泉八雲
Japanese translation
This site helps you learn Japanese