カテゴリー
怪談

幽霊の心配事『#4_ 葬られた秘密』

あらすじ
オソノの姑はお寺に幽霊についての助言を求めた。お寺の和尚は箪笥の近くに心配事があるのだろうと助言したのだが、箪笥の中には何も残っていない。結局、和尚が直接見に行くことになった。

previous page : 葬られた秘密#3

next page : 葬られた秘密#5

怪談の記事一覧

#4_A DEAD SECRET 日本語訳
主語述語・修飾語

The mother of O-Sono’s husband then went to the parish-temple, and told the chief priest all that had happened, and asked for ghostly counsel.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

オソノの姑はお寺に行き、住職に出来事全てを話した。そして幽霊についての助言を求めた。

The temple was a Zen temple; and the head-priest was a learned old man, known as Daigen Osho. He said:

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

そのお寺は禅寺だった。一番偉い住職は博識なダイゲン和尚という老人だった。彼は言った。

“There must be something about which she is anxious, in or near that tansu.”

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「箪笥の中かその近くに気掛かりな物があるに違いありません」

“But we emptied all the drawers,” replied the woman;—”there is nothing in the tansu.”

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「しかし私たちは引き出しを空にしました。箪笥の中には何もありません」女性は答えた。


“Well,” said Daigen Osho, “to-night I shall go to your house, and keep watch in that room, and see what can be done.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「なるほど。今晩私があなたの家へ行って部屋を見張り、何が行われるのか見てみましょう」ダイゲン和尚は言った。

You must give orders that no person shall enter the room while I am watching, unless I call.”

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「私が呼ばない限り、私が見張っている間は誰一人その部屋に入れないように指示する必要があります」


After sundown, Daigen Osho went to the house, and found the room made ready for him.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

日没後、ダイゲン和尚はその家へ向かい、部屋の準備ができているのを確認した。

He remained there alone, reading the sutras; and nothing appeared until after the Hour of the Rat.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼は一人でそこに居残り、お経を読んだ。子の刻が過ぎるまで何も現れなかった。

Then the figure of O-Sono suddenly outlined itself in front of the tansu.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

その後、オソノの姿が突然箪笥の前に現れた。

Her face had a wistful look; and she kept her eyes fixed upon the tansu.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

物思いに沈んだ顔つきで、彼女の瞳は箪笥を見つめていた。

source : kwaidan by Lafcadio Hearn
出典:怪談
著者:ラフカディオハーン/小泉八雲
Japanese translation
This site helps you learn Japanese