カテゴリー
怪談

隠されていた手紙『#5_ 葬られた秘密』

あらすじ
和尚さんは幽霊の心配事を解決するために箪笥を調べた。何も見つからなかったが、ふと思いついて引き出しの裏地をはがし始めた。一番下の引き出しの裏地をはがすと、そこから手紙が出てきた。和尚さんは手紙を誰にも見せずにお寺で燃やすと幽霊に約束した。

previous page : 葬られた秘密#4

next page : 葬られた秘密#6

怪談の記事一覧

#5_A DEAD SECRET 日本語訳
主語述語・修飾語

The priest uttered the holy formula prescribed in such cases, and then, addressing the figure by the kaimyo of O-Sono, said:

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

和尚さんはその場に適したお経を唱え、それからオソノの戒名で人影に話しかけた。

“I have come here in order to help you.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「私はあなたを助けるためにここに来ています」

Perhaps in that tansu there is something about which you have reason to feel anxious.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「おそらく、あなたが不安に思う何かがその箪笥にあるのでしょう」

Shall I try to find it for you?”

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「あなたのために私がそれを探しましょうか?」

The shadow appeared to give assent by a slight motion of the head; and the priest, rising, opened the top drawer. It was empty.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

人影は頭の僅かな動きで首肯したように見えた。和尚さんは立ち上がり、一番上の引き出しを開けた。それは空っぽだった。

Successively he opened the second, the third, and the fourth drawer;—he searched carefully behind them and beneath them;—he carefully examined the interior of the chest.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

次々と、彼は二番目、三番目、四番目の引き出しを開けた。彼は注意深く引き出しの後ろを探り、箪笥の内部を調べた。

He found nothing. But the figure remained gazing as wistfully as before.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

何も見つからなかった。しかし人影は依然として物憂げに見つめて留まっていた。

“What can she want?” thought the priest.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「彼女は何がしたいのだろう?」和尚さんは考えた。

Suddenly it occurred to him that there might be something hidden under the paper with which the drawers were lined.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

突然思い浮かんだ。引き出しには裏地がついていて、その裏地に使う紙の下に何かが隠されているかもしれないと。

He removed the lining of the first drawer:—nothing!

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼は最初の引き出しの裏地を取り去った。何もない。

He removed the lining of the second and third drawers:—still nothing.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼は二番目と三番目の引き出しの裏地を取り去った。同じく何もない。

But under the lining of the lowermost drawer he found—a letter.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

しかし一番下の引き出し裏地の下で、彼は見つけた。手紙だ。

“Is this the thing about which you have been troubled?” he asked.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「これがあなたの心配していた物ですか?」和尚さんは尋ねた。

The shadow of the woman turned toward him,—her faint gaze fixed upon the letter.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

女性の人影は彼のほうを向いた。彼女は手紙をじっと見つめている。

“Shall I burn it for you?” he asked.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「あなたのためにそれを燃やしましょうか?」彼は尋ねた。

She bowed before him.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼女は彼の前でお辞儀した。

“It shall be burned in the temple this very morning,” he promised;—”and no one shall read it, except myself.”

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「それは朝一番にお寺で燃やされます」彼は約束した。「私を除いて、誰一人としてそれを読むことはありません」

The figure smiled and vanished.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

人影は微笑んで消えた。

source : kwaidan by Lafcadio Hearn
出典:怪談
著者:ラフカディオハーン/小泉八雲
Japanese translation
This site helps you learn Japanese