カテゴリー
怪談

手紙は葬り去られた『#6_ 葬られた秘密』

あらすじ

和尚さんは心配そうなオソノの家族を安心させた。これ以降オソノの幽霊は現れなかった。和尚さんはお寺で手紙を燃やし、その秘密を墓場まで持っていった。

previous page : 葬られた秘密#5

list of articles : 怪談の記事一覧

#6_A DEAD SECRET 日本語訳
主語述語・修飾語

Dawn was breaking as the priest descended the stairs, to find the family waiting anxiously below.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

夜が明けると同時に和尚さんが階段を降りると、心配そうに待っている家族を見つけた。

“Do not be anxious,” he said to them:

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「心配いりません」和尚さんは彼らに言った。

“She will not appear again.”

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

「彼女は二度と現れませんよ」

And she never did.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

彼女は二度と現れなかった。


The letter was burned.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

手紙は燃やされた。

It was a love-letter written to O-Sono in the time of her studies at Kyoto.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

それはオソノが京都で学んでいた時に、彼女に宛てて書かれた恋文だった。

But the priest alone knew what was in it; and the secret died with him.

A Dead Secret by Lafcadio Hearn

和尚さんだけが中に何があったのかを知っていた。秘密は和尚さんの死と共に消えた。

source : kwaidan by Lafcadio Hearn
出典:怪談
著者:ラフカディオハーン/小泉八雲
Japanese translation
This site helps you learn Japanese