カテゴリー
怪談

木こりの仕事場『#1_怪談_雪女』

あらすじ

とある村に年老いた木こりと若い木こりが住んでいた。彼等の住む村と仕事場の森の間には幅広の河が存在した。そこには何回か橋が作られたのだが洪水が起きるたびに流されてしまうので、渡し船が置かれていた。

next page : 雪女#2

list of articles : 怪談の記事一覧

#1_YUKI-ONNA 日本語訳
主語述語・修飾語

In a village of Musashi Province, there lived two woodcutters: Mosaku and Minokichi.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

武蔵の国の村に、モサクとミノキチという名の二人の木こりが住んでいた。

At the time of which I am speaking, Mosaku was an old man; and Minokichi, his apprentice, was a lad of eighteen years.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

当時、モサクは老人で、見習のミノキチは18歳の若者だった。

Every day they went together to a forest situated about five miles from their village.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

彼らは村から5マイル離れた森へ毎日一緒に通った。

On the way to that forest there is a wide river to cross; and there is a ferry-boat.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

森への道中には幅の広い河があり、そこには渡し船が存在する。

Several times a bridge was built where the ferry is; but the bridge was each time carried away by a flood.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

渡し船がある場所には何回か橋が建てられたが、橋は洪水によって毎回流されてしまった。

No common bridge can resist the current there when the river rises.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

普通の橋では河が増水すると水流に耐えることができないのだ。

source : kwaidan by Lafcadio Hearn
出典:怪談
著者:ラフカディオハーン/小泉八雲
Japanese translation
This site helps you learn Japanese