カテゴリー
怪談

雪明りの見せた幻『#4_怪談_雪女』和訳

今回のあらすじ

女性の姿が消えると、ミノキチは身体が動くようになった。彼は慌てて女性の姿を探したが、小屋の外には見当たらなかった。
激しい吹雪だったので、ミノキチは厳重に戸口を封鎖した。そして夢か幻を見たのかもしれないと思い、彼はモサクに話しかけた。ところが返事がなかった。

the preceding page : 雪女#3

the following page : 雪女#5

the contents page : 怪談の記事一覧

#4_YUKI-ONNA 日本語訳
主語述語・修飾語

With these words, she turned from him, and passed through the doorway.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

警告の言葉と共に女性はミノキチに背を向けて、戸口をくぐった

Then he found himself able to move; and he sprang up, and looked out.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

その後で、ミノキチは身体が動くことに気づき、飛び起きて外を見た

But the woman was nowhere to be seen; and the snow was driving furiously into the hut.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

しかし女性の姿はどこにもなかった。雪が小屋に強く吹きつけていた。

Minokichi closed the door, and secured it by fixing several billets of wood against it.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチは戸を閉めて、木材をいくつも取り付けて出入口を封鎖した

He wondered if the wind had blown it open;—he thought that he might have been only dreaming, and might have mistaken the gleam of the snow-light in the doorway for the figure of a white woman: but he could not be sure.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチは風が戸を破ったのかもしれないと思った。
彼は単に夢を見ていて、戸口の雪明りの光を白い女性の姿と間違えたのだろうと考えたが、確信が持てなかった

He called to Mosaku, and was frightened because the old man did not answer.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチはモサクに呼びかけて、ヒヤッとした。老人が答えなかったからだ。

He put out his hand in the dark, and touched Mosaku’s face, and found that it was ice! Mosaku was stark and dead…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチは暗闇の中で手を伸ばしモサクの顔に触れて彼が凍っていることに気づいた。モサクは固まって死んでいた。

reference : kwaidan by Lafcadio Hearn (project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。