カテゴリー
怪談

雪明りの見せた幻『#4_怪談_雪女』

あらすじ

ミノキチは我に返り、慌てて女性を探しに小屋を出たが何処にも見当たらなかった。小屋の扉が風によって開き、雪明りが女性の幻を見せたのだろうと彼は考えた。
小屋の扉を閉めてから、暗闇の中でミノキチは不安になった。彼はモサクに呼び掛けたが、返事がない。モサクは凍っていた。

previous page : 雪女#3

next page : 雪女#5

list of articles : 怪談の記事一覧

#4_YUKI-ONNA 日本語訳
主語述語・修飾語

With these words, she turned from him, and passed through the doorway.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

これらの言葉を残して彼女は背を向け、戸口をくぐった。

Then he found himself able to move; and he sprang up, and looked out.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

その後、彼は自分が動けることに気づき、跳びあがって外を見た。

But the woman was nowhere to be seen; and the snow was driving furiously into the hut.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

しかし、その女性は何処にも見えず、雪が小屋に吹き込んでいた。

Minokichi closed the door, and secured it by fixing several billets of wood against it.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチは扉を閉めて、開かないように木の棒で固定した。

He wondered if the wind had blown it open;—he thought that he might have been only dreaming, and might have mistaken the gleam of the snow-light in the doorway for the figure of a white woman: but he could not be sure.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

彼は風が扉を吹き開けたのではないかと思った。ただ夢を見ていて、戸口の雪明りのきらめきを白い女性の姿と見間違えたのだろうと彼は考えた。しかし彼は確信が持てなかった。

He called to Mosaku, and was frightened because the old man did not answer.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

彼はモサクに呼び掛けたが、老人が答えなかったので怯えてしまった。

He put out his hand in the dark, and touched Mosaku’s face, and found that it was ice! Mosaku was stark and dead…

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

彼は暗闇に手を突き出して、モサクの顔を触ると、それは氷だった。モサクは固まって亡くなっていた。

source : kwaidan by Lafcadio Hearn
出典:怪談
著者:ラフカディオハーン/小泉八雲
Japanese translation
This site helps you learn Japanese