カテゴリー
怪談

生還したミノキチ『#5_怪談_雪女』和訳

今回のあらすじ

嵐が過ぎ去り、渡し守が小屋に戻ってきた。彼は意識不明のミノキチを見つけ、すぐに介抱した。
ミノキチはしばらく休み、体調が回復すると一人で木こりの仕事を再開した。彼は吹雪の夜について何も語らなかった。

the preceding page : 雪女#4

the following page : 雪女#6

the contents page : 怪談の記事一覧

#5_YUKI-ONNA 日本語訳
主語述語・修飾語

By dawn the storm was over; and when the ferryman returned to his station, a little after sunrise, he found Minokichi lying senseless beside the frozen body of Mosaku.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

夜が明けると嵐は収まった
日の出からしばらくして、渡し守が船着き場の小屋に戻ると、凍結したモサクの近くで意識不明で倒れているミノキチを発見した

Minokichi was promptly cared for, and soon came to himself; but he remained a long time ill from the effects of the cold of that terrible night.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

ミノキチはすぐに介抱されて、やがて意識を取り戻した
しかし、あの恐ろしい夜の冷気の影響から、彼は長い間体調を崩した

He had been greatly frightened also by the old man’s death; but he said nothing about the vision of the woman in white.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

老人が死んだことにもひどく怯えていた
しかし白い女性の幻影について、約束を守り、ミノキチは何も言わなかった

As soon as he got well again, he returned to his calling,—going alone every morning to the forest, and coming back at nightfall with his bundles of wood, which his mother helped him to sell.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

体調が回復するとすぐにミノキチは仕事を再開した。毎朝ひとりで森に向かい、木の束をもって日暮れに戻ってきた。彼の母親はミノキチが販売するのを手伝った

reference : kwaidan by Lafcadio Hearn (project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。