カテゴリー
怪談

一目惚れ『#7_怪談_雪女』和訳

今回のあらすじ

互いの身の上を話した後、二人は無言で歩き続けた。口では何も言わなかったが、目と目で気持ちを伝えあった。村に付くとミノキチはオユキを休憩に誘った。
ミノキチの家に到着すると、彼の母親はあっという間にオユキを気に入り、しばらく家に留まるよう勧めた。そして自然と二人は結婚した。

the preceding page : 雪女#6

the following page : 雪女#8

the contents page : 怪談の記事一覧

#7_YUKI-ONNA 日本語訳
主語述語・修飾語

After these confidences, they walked on for a long while without speaking; but, as the proverb declares, Ki ga areba, me mo kuchi hodo ni mono wo iu: “When the wish is there, the eyes can say as much as the mouth.”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

これらの身の上話のあと彼らは話すことなく歩き続けた
しかし、『気があれば、目も口ほどにモノを言う』と、ことわざが示すように、
『願い事があるとき、目は口と同じくらい雄弁に気持ちを伝えるものだ』

By the time they reached the village, they had become very much pleased with each other; and then Minokichi asked O-Yuki to rest awhile at his house.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

村に到着する頃には彼らはお互いに惹かれあっていた
ミノキチは自分の家でしばらく休んでほしいとオユキに言った。

After some shy hesitation, she went there with him; and his mother made her welcome, and prepared a warm meal for her.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

少しはにかんで口ごもったあとオユキはミノキチと共に家に向かった
ミノキチの母はオユキを歓迎して、彼女のために温かな食事を作った。

O-Yuki behaved so nicely that Minokichi’s mother took a sudden fancy to her, and persuaded her to delay her journey to Yedo.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

オユキはとても感じよく振舞ったので、ミノキチの母はあっという間に彼女を好きになり彼女を説得して江戸への旅を延期させた

And the natural end of the matter was that Yuki never went to Yedo at all.

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

江戸への旅の話は自然と立ち消えとなり、オユキは江戸に行かなかった。

She remained in the house, as an “honorable daughter-in-law.”

KWAIDAN by Lafcadio Hearn

オユキはミノキチの家に留まった。『良妻』として。

reference : kwaidan by Lafcadio Hearn (project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。