(目標)読書百遍義自ずから見る

「Kwaidan」(怪談)


  • 才女『#1_ 葬られた秘密・怪談』対訳
    Last Updated on 2022-05-21 storyline/今回のあらすじ タンバの国の商人の娘オソノはとても優秀で、その才能を地方で埋もれさせるのは惜しいと感じた彼女の父親は娘を都会の京都へ送り出した。( […]
  • 母親の幽霊『#2_ 葬られた秘密・怪談』対訳
    Last Updated on 2022-06-19 storyline/今回のあらすじ 葬儀の後、オソノの息子が母親を見たと言って逃げてきた。(1)親類がオソノの部屋へ向かうと、体の半分が透けた姿で、オソノがタンスの前 […]
  • 幽霊が現れる理由『#3_ 葬られた秘密・怪談』和訳
    Last Updated on 2021-07-13 今回のあらすじ オソノの姑が言うには、女性とは自分の持ち物に強く執着するもので、自分の宝物を見に戻ってきたのだろうということだった。家族はタンスの中身をすべてお寺に収 […]
  • 幽霊の心配事『#4_ 葬られた秘密・怪談』和訳
    Last Updated on 2021-07-13 今回のあらすじ オソノの姑がお寺のお坊さんに相談すると、物知りな和尚さんが家に来てくれることになった。日没後、和尚さんはその家に向かい、部屋の中に一人で残り、お経を読 […]
  • 秘密の手紙『#5_ 葬られた秘密・怪談』和訳
    Last Updated on 2021-07-13 あらすじ和尚さんは幽霊の心配事を解決するために箪笥を調べた。何も見つからなかったが、ふと思いついて引き出しの裏地をはがし始めた。一番下の引き出しの裏地をはがすと、そこ […]
  • 手紙の内容『#6_ 葬られた秘密・怪談』和訳
    Last Updated on 2021-07-13 あらすじ 和尚さんは心配そうなオソノの家族を安心させた。これ以降オソノの幽霊は現れなかった。和尚さんはお寺で手紙を燃やし、その秘密を墓場まで持っていった。 previ […]
  • 木こりの仕事場『#1_雪女・怪談』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ ムサシの国に、老いた木こりと若い木こりが住んでいた。彼らは村から5マイル離れた場所で木を切るのだが、道中で大河を船で渡らなければならなかった。何度も橋 […]
  • 吹雪の夜『#2_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ ある時、モサクとミノキチは帰路の途中で吹雪に捕まった。川を渡るための船着き場には船頭がおらず、彼らは立ち往生してしまった。彼らは船着き場の小屋に非難し […]
  • 恐怖の夜『#3_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ ミノキチが目覚めると、小屋の扉が破られていて、室内に女性が居た。彼女はモサクに白い息を吹きかけていた。彼女はミノキチに振り向いて、顔を近づけてきた。ミ […]
  • 雪明りの見せた幻『#4_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ 女性の姿が消えると、ミノキチは身体が動くようになった。彼は慌てて女性の姿を探したが、小屋の外には見当たらなかった。激しい吹雪だったので、ミノキチは厳重 […]
  • 生還したミノキチ『#5_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ 嵐が過ぎ去り、渡し守が小屋に戻ってきた。彼は意識不明のミノキチを見つけ、すぐに介抱した。ミノキチはしばらく休み、体調が回復すると一人で木こりの仕事を再 […]
  • 身の上ばなし『#6_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ ある日、ミノキチは帰宅途中で少女に出会った。彼女はとても美しく、ミノキチは彼女の身の上話を聞くうちに、どんどん彼女に魅了された。ミノキチが彼女に婚約者 […]
  • 一目惚れ『#7_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ 互いの身の上を話した後、二人は無言で歩き続けた。口では何も言わなかったが、目と目で気持ちを伝えあった。村に付くとミノキチはオユキを休憩に誘った。ミノキ […]
  • ミノキチの回想『#8_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ オユキは良い嫁さんで、ミノキチの母は無くなる間際も彼女を褒めていた。オユキとミノキチには10人の子供ができた。母になってもオユキはいつまでも若々しく、 […]
  • オユキの正体『#9_怪談_雪女』和訳
    Last Updated on 2021-09-28 今回のあらすじ ミノキチはオユキのような美人を見た夜の事を彼女に話した。彼はその光景が夢だったのか現実だったのか判断できなかった。オユキはミノキチの話を聞き終えて、誰 […]
  • 寒い季節に咲く桜『#1_怪談_十六桜』
    Last Updated on 2021-11-25 あらすじ 伊予には十六桜と呼ばれる古木がある。普通の桜は春に開花するものだが、この十六桜は寒い時期に開花する。 next page : 十六桜#2 list of a […]
  • 普通の桜『#2_怪談_十六桜』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ 十六桜に憑いている幽霊がまだ生きていたころ、十六桜は普通の木と同じく春に花咲く木だった。彼の一族はその木に詩を書いた紙を吊るす習慣があった。彼は自分の子孫よ […]
  • 身代わり『#3_怪談_十六桜』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ 老人は桜が枯れたことに悲しんだ。何物もその悲しみを癒すことはできなかった。彼は桜の木の身代わりとなることを思いつき、それを実行した。その時から、毎年旧暦の初 […]
  • 突然の眠気『#1 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ 大和の地方にアキノスケという郷士が住んでいた。ある日、彼が仲間と共に酒を飲んでいると、とても強い眠気を感じて仮眠をとった。 next page : アキノス […]
  • 王に招かれる夢『#2 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ 夢の内容はこういうものだった。アキノスケの家に御所車を引く華やかな行列がやってきて、煌びやかな服をまとった男が進み出た。国王がアキノスケを宮殿に招いているの […]
  • 行列の目的地『#3 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ 高貴な行列に同行を頼まれたアキノスケは言われた通り車に乗り込んだ。その行列は短時間で目的地に到着した。アキノスケが到着したのは巨大な宮殿で、アキノスケに接す […]
  • 謁見『#4 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケは盛装して謁見の間に連れていかれた。そこには身分の高い多くの人が並んでいて、彼らの先にはトコヨの国王が座っていた。 previous page : […]
  • 結婚式『#5 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケは花嫁の待つ部屋へと行き、彼女の前に座った。花嫁の姿はまるで天女のようだった。結婚式は成功裏に終わり、彼らは祝いの言葉と贈り物を出席者から受け取っ […]
  • 呼び出し『#6 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケは国王に呼び出され、南西の島の統治者に任命された。その島は独自の風習を持っているが、優しさと知恵でもって統治するようにと、王はアキノスケに命じた。 […]
  • 統治者『#7 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケは赴任地へ向かい、ライシュを統治した。彼には有能な相談役が居たので、統治に苦労はしなかった。一度法律を制定してしまえば祭事に出席する以外に忙しい仕 […]
  • 王の命令『#8 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケがライシュに赴任して24年目に彼の妻が亡くなった。喪中期間が終わるとトコヨから使者が訪れて、王の言葉を伝えた。 previous page : ア […]
  • 夢の終わり『#9 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケは用意された船に乗り、ライシュの島を後にした。島から離れていき、その輪郭が見えなくなると、彼は突然目を覚ました。彼は杉の木の下にいて、友人たちが騒 […]
  • 魂の形『#10 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ アキノスケが夢の話をすると、友人たちは驚いた。彼は短時間眠っていただけだったのに、20年以上の夢を見ていたからだ。アキノスケが寝ている間、友人も奇妙な物を見 […]
  • 『#11 怪談_アキノスケの夢』
    Last Updated on 2020-12-10 あらすじ 杉の木の下にはアリの巣があった。巣の内部にはアリが作った建築物があり、町のようになっていた。ひときわ大きな建築物には大きなアリの姿があり、アキノスケはトコヨ […]
  • 怪談の記事一覧
    Last Updated on 2021-10-31
  • 『#1怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-13 storyline/今回のあらすじ 昔、源氏と平家の争いがあった。壇ノ浦で決戦が行われ、平家は滅んだ。壇ノ浦は今でも幽霊に取りつかれており、平家蟹という人面蟹が生息し […]
  • 幽霊の仕業『#2怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-14 storyline/今回のあらすじ 平家の幽霊による事件が頻繁に起こるので、人々はお墓を立てて、法要を行った。すると奇妙な現象は減少したが、無くなりはしなかった。 K […]
  • 琵琶法師『#3怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-15 storyline/今回のあらすじ 赤間関にホウイチという名前の琵琶法師が住んでいた。ホウイチの歌と演奏は素晴らしいものだったので、阿弥陀寺の歌好きなお坊さんの目に留 […]
  • 真夜中の足音『#4怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-16 storyline/今回のあらすじ ある晩、お坊さんがお葬式に出かけて、ホウイチだけが寺に残された。酷い暑さで室内にいられずに、ホウイチはベランダでお坊さんの帰りを待 […]
  • 深夜の呼び出し『#5怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-17 storyline/今回のあらすじ 深夜に近づいてくる足音が聞こえて、ホウイチはお坊さんが帰ってきたのだと思った。しかしホウイチの名前を呼んだのは聞き覚えのない声で、 […]
  • 身分制度『#6怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-18 storyline/今回のあらすじ サムライの命令を断れる時代ではなかった。ホウイチはそのサムライに連れられて外出した。ホウイチはサムライが完全武装していることが分か […]
  • 広大な敷地『#7怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-20 storyline/今回のあらすじ 高貴な人が滞在しているであろう屋敷にホウイチは連れてこられた。屋敷にいた女性の話し方を聞いて、彼女らも高貴な家柄の人なのだと分かっ […]
  • 平家の歌『#8怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-21 storyline/今回のあらすじ ホウイチが案内された部屋には、彼の席が用意されていた。ホウイチが席に座って準備を整えると、侍女頭と思しき女性の声が貴人の求める歌の […]
  • ホウイチの妙技『#9怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-22 storyline/今回のあらすじ ホウイチは壇ノ浦の戦いを歌った。その歌と演奏のすばらしさに、観客は唸り、称賛の声が漏れた。 KWAIDAN THE STORY O […]
  • 聴衆の慟哭『#10怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-24 storyline/今回のあらすじ 聴衆の感嘆の声を聞き、ホウイチの演奏はより一層冴えわたった。しかし平家の悲惨な末路の場面になると、ホウイチが狼狽えるほどの慟哭が聴 […]
  • 口止め『#11怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-27 storyline/今回のあらすじ 高貴な方々はホウイチの弾き語りの技術に大層驚き、喜んだ。そしてホウイチは彼らの主が滞在する数日間、毎晩そこへ行って演奏するよう命じ […]
  • 深夜の外出『#12怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-03-31 storyline/今回のあらすじ 寺に迎えに来た家臣によって、ホウイチは再び寺のベランダに帰された。誰にも知られずに寺に戻り、昼間に少し眠って、ホウイチは翌日の深夜 […]
  • 口が重い『#13怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-02 storyline/今回のあらすじ 深夜の外出が明らかになり、お坊さんから外出の理由を問われたホウイチは、秘密の仕事に出かけているのだと答えた。お坊さんは不審に思い、 […]
  • 失踪『#14怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-04 storyline/今回のあらすじ お寺の奉公人たちがホウイチを見張っていると、夜にホウイチが外出した。奉公人たちは直ぐに彼を追いかけたが、見失ってしまった。ホウイチ […]
  • 深夜の墓地『#15怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-06 storyline/今回のあらすじ 深夜の阿弥陀寺の墓地では、今までにない数の鬼火が舞っていた。奉公人たちがホウイチに呼びかけたが、耳に入った様子もなくホウイチは壇ノ […]
  • 生死の境『#16怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-07 storyline/今回のあらすじ ホウイチは今までの出来事をお坊さんに話した。お坊さんは現状を正しく理解して、ホウイチの危うさを指摘した。屋敷へ訪問したというホウイ […]
  • 般若心経『#17怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-08 storyline/今回のあらすじ お坊さんとお弟子さんはホウイチの体中に般若心境を書き写した。そして瞑想するように何も言わず、動かずにベランダで座っているようホウイ […]
  • 瞑想『#18怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-09 storyline/今回のあらすじ ホウイチは助言通りにベランダでじっとしていた。すると足音が近づいてきて、ホウイチの前で止まった。ホウイチを呼ぶ声がしたが、ホウイチ […]
  • 答えない理由『#19怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-11 storyline/今回のあらすじ 呼び声に答えず、動かずにいると、足音がホウイチのすぐそばまで近づいてきた。その足音の主には琵琶とホウイチの耳しか見えず、口が無いの […]
  • 有名人『#20怪談_耳なし芳一』対訳
    Last Updated on 2022-04-12 storyline/今回のあらすじ ホウイチは昨夜の出来事をお坊さんに話した。ホウイチの耳に聖句が書かれていなかったことを知り、お坊さんは確認しなかったことを後悔した […]