『#1_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ

私はサンフランシスコで鉱物仲介業の仕事をしていた。小型の帆船で海に出る趣味があった。
ある時、私は海で遭難して、ロンドン行きの小型船に助けられた。そしてそのまま船員として働かされて、ロンドンに到着した。その時、私は一ドルしか持っていなかった。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

The £1,000,000 Bank-note 日本語訳
主語述語

When I was twenty-seven years old, I was a mining-broker’s clerk in San Francisco, and an expert in all the details of stock traffic.

The £1,000,000 Bank-note

27歳だった時私はサンフランシスコの鉱物仲介業者の職員で、在庫輸送全般の専門家だった

I was alone in the world, and had nothing to depend upon but my wits and a clean reputation; but these were setting my feet in the road to eventual fortune, and I was content with the prospect.

The £1,000,000 Bank-note

私は天涯孤独で、自分の知性と汚れていない評判以外に何も頼るものが無かった。
しかしそれらは将来の成功への足掛かりであり、私はその可能性に満足していた。

My time was my own after the afternoon board, Saturdays, and I was accustomed to put it in on a little sail-boat on the bay.

The £1,000,000 Bank-note

毎週土曜日の会社の役員会の後に個人的な時間があった
私は湾にある小型の帆船にのって、その時間を過ごすことにしていた

One day I ventured too far, and was carried out to sea.

The £1,000,000 Bank-note

ある日、私は沖へ進み、海にさらわれた

Just at nightfall, when hope was about gone, I was picked up by a small brig which was bound for London.

The £1,000,000 Bank-note

日が暮れて、希望がほぼ潰えた時、私はロンドン行きの小さなブリッグ船に拾われた

It was a long and stormy voyage, and they made me work my passage without pay, as a common sailor.

The £1,000,000 Bank-note

それは長く荒れた船旅だった。
彼らは無休で私をこき使った。一般船員として。

When I stepped ashore in London my clothes were ragged and shabby, and I had only a dollar in my pocket.

The £1,000,000 Bank-note

私がロンドンに上陸したとき私の衣服はボロボロでみすぼらしかった
私はポケットに1ドルしかなかった

This money fed and 2sheltered me twenty-four hours.

The £1,000,000 Bank-note

このお金を使って、私は食事をして雨風をしのいだ。24時間。

During the next twenty-four I went without food and shelter.

The £1,000,000 Bank-note

その次の24時間の間、私は食事をせず、雨風にさらされた。

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation