なりふり構わず『#2_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ

私は着の身着のままでロンドンに到着して、一日で所持金が尽きた。二日目は何も食べられなかった。
そして三日目、私は子供が大きなナシを排水溝に放り投げるのを目撃した。それを拾おうとするも、他人の視線が気になって拾えなかった。
しかしついに、恥を捨てて、それを拾おうとした時、一人の紳士が私に声をかけた。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

The £1,000,000 Bank-note 日本語訳
主語述語

About ten o’clock on the following morning, seedy and hungry, I was dragging myself along Portland Place, when a child that was passing, towed by a nursemaid, tossed a luscious big pear—minus one bite—into the gutter.

The £1,000,000 Bank-note

翌朝の10時ごろ、空腹と体調不良で、私はポートランドプレイスを重い足取りで歩いていた。1-1a
その時、通りすがりの子供が、子守りに連れられて、ひとくち齧られた美味しそうな大きなナシを排水溝に放り投げた。1-2b

I stopped, of course, and fastened my desiring eye on that muddy treasure.

The £1,000,000 Bank-note

当然、私は立ち止まって、その泥にまみれた貴重品に欲望の眼差しを注いだ。1-3a

My mouth watered for it, my stomach craved it, my whole being begged for it.

The £1,000,000 Bank-note

口がよだれを出し、胃がそれを切望した。1-4b
私の全身がそのナシを欲していた。

But every time I made a move to get it some passing eye detected my purpose, and of course I straightened up, then, and looked indifferent, and pretended that I hadn’t been thinking about the pear at all.

The £1,000,000 Bank-note

しかし、私がそのナシを取ろうとするたびに通りすがりの視線が私の狙いに気づいた。2-1a
当然、私は背筋を伸ばし、それから、無関心なふりをして、そのナシに全く関心が無いように装った。2-2b

This same thing kept happening and happening, and I couldn’t get the pear.

The £1,000,000 Bank-note

このようなことが繰り返されて、私はそのナシを手に入れることができなかった。2-3c

I was just getting desperate enough to brave all the shame, and to seize it, when a window behind me was raised, and a gentleman spoke out of it, saying:

The £1,000,000 Bank-note

私は恥を捨てるほど自暴自棄になり、そのナシを取ろうとした。2-4a
その時、背後の窓があがって一人の紳士が外に声をかけた。2-5b

‘Step in here, please.’

The £1,000,000 Bank-note

ここに来てください。どうぞ」

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation