目の前のごちそう『#3_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ

一文無しでどうしようもなく、路上の食べ物を拾おうとした時、私は二人の紳士に呼ばれて、豪華な一室に招かれた。
私はその時何も知らず、ずっと後になって知ったのだが、彼らの間には揉め事があり、賭け事で決着をつけようとしていたのだ。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

The £1,000,000 Bank-note 日本語訳
主語述語

I was admitted by a gorgeous flunkey, and shown into a sumptuous room where a couple of elderly gentlemen were sitting.

The £1,000,000 Bank-note

私は美形の使用人に通されて、二人の紳士が座る豪華な一室に案内された。1-1a

They sent away the servant, and made me sit down.

The £1,000,000 Bank-note

彼らはその使用人を下がらせて、私を座らせた。1-2b

They had just finished their breakfast, and the sight of the remains of it almost overpowered me.

The £1,000,000 Bank-note

彼らはちょうど朝食を終えたところだった。1-3c
食べ残しを見て私は危うく倒れるところだった。1-4c

I could hardly keep my wits together in the presence of that food, but as I was not asked to sample it, I had to bear my trouble as best I could.

The £1,000,000 Bank-note

私はその食料の存在に、自分の正気をしっかりと保つことが危うかった。1-5c
しかし、試食を誘われなかったので、私は空腹にどうにか耐えなければならなかった。1-6c

Now, something had been happening there a little before, which I did not know anything about until a good many days afterwards, but I will tell you about it now.

The £1,000,000 Bank-note

その時、そこで、ある事が起きた直後だった。2-1c
そして何日も後になるまで、それについて、私は何一つ知らなかった。
私は今からあなたにその出来事を話そうと思う。2-2c

Those two old brothers had been having a pretty hot argument a couple of days before, and had ended by agreeing to decide it by a bet, which is the English way of settling everything.

The £1,000,000 Bank-note

その二人の老紳士たちは激しい口論を数日前から続けていて、賭けで決着をつけることで合意に達していた。2-3c
賭け事はイングランド人が万事を解決する手段である。

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation