代金支払い『#7_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ

私は紙幣の金額に驚いた。料理屋の店主はその紙幣を見て凍り付いていた。
私は気を取り直して、その紙幣で食事の支払いをしようとしたのだが、店主は紙幣を食い入るように見るも、受け取ろうとはしなかった。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

The £1,000,000 Bank-note 日本語訳
主語述語

I must have sat there stunned and blinking at the note as much as a minute before I came rightly to myself again.

The £1,000,000 Bank-note

私はそこに座っていたに違いない呆然として、その紙幣に当惑しながら。再び正気に戻るまで一分ほど。1-1

The first thing I noticed, then, was the landlord.

The £1,000,000 Bank-note

それから、店主がいることに気がついた。1-2

His eye was on the note, and he was petrified.

The £1,000,000 Bank-note

店主の目はその紙幣に向いていて、彼は固まっていた。2-1

He was worshipping, with all his body and soul, but he looked as if he couldn’t stir hand or foot.

The £1,000,000 Bank-note

店主は拝んでいた。全身全霊で。身動きもせずに。2-2

I took my cue in a moment, and did the only rational thing there was to do.

The £1,000,000 Bank-note

私はすぐに合図して、常識的な行動をとった。3-1

I reached the note towards him, and said carelessly:

The £1,000,000 Bank-note

私は彼にその紙幣を差し出して、軽率に言った。3-2

‘Give me the change, please.’

The £1,000,000 Bank-note

お釣りをください」3-3

Then he was restored to his normal condition, and made a thousand apologies for not being able to break the bill, and I couldn’t get him to touch it.

The £1,000,000 Bank-note

店主は正気を取り戻し、その紙幣を崩せないことに言葉を尽くして謝罪した。4-1
私は彼に紙幣を渡すことができなかった。4-2

He wanted to look at it, and keep on looking at it; he couldn’t seem to get enough of it to quench the thirst of his eye, but he shrank from touching it as if it had been something too sacred for poor common clay to handle.

The £1,000,000 Bank-note

店主はその紙幣を見続けたいと望んだ。目の保養が足りなかったようだ。4-3
しかし、彼はその紙幣を触れることを避けた。まるで一般人には神聖すぎて触れられないものであるかのように。4-4

I said: ‘I am sorry if it is an inconvenience, but I must insist. Please change it; I haven’t anything else.’

The £1,000,000 Bank-note

私は言った。
「もしも迷惑であるのなら、申し訳ありません。しかし、私は要求しなければなりません。お願いですから、お金をくずしてください。他に何も持っていないのです」5-1

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation