不条理な真理『#8_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ

 料理屋の店主は私を誤解したようだった。庶民の服を着て悪ふざけをする裕福な人間なのだと。だから、百万ポンド紙幣しか持っていないと言っても、ツケで好きなだけ食べて良いと言った。
 私は料理店を出ると、その紙幣を渡した紳士の屋敷へと向かった。不安を感じながら。
 浮浪者に高価なものを渡していたと知れば、大抵の人は激怒するものなのだ。自分の失敗を棚に上げて。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

The £1,000,000 Bank-note 日本語訳
主語述語

But he said that wasn’t any matter; he was quite willing to let the trifle stand over till another time.

The £1,000,000 Bank-note

しかし、何の問題も無い店主は言った。1-1
店主は会計をつけにしておく気でいたのだ。次の機会に払ってくれればいいと。1-2

I said I might not be in his neighbourhood again for a good while; but he said it was of no consequence, he could wait, and, moreover, I could have anything I wanted, any time I chose, and let the account run as long as I pleased.

The £1,000,000 Bank-note

しばらく近くに寄らないかもしれない私は言った。1-3
大したことではない、待てる店主が言った。さらに、好きなものを好きな時に食べて良いと言い、食事の会計を望むだけ伸ばすことができると言った。1-4

He said he hoped he wasn’t afraid to trust as rich a gentleman 7as I was, merely because I was of a merry disposition, and chose to play larks on the public in the matter of dress.

The £1,000,000 Bank-note

店主は言った。私のような裕福な紳士を信用しても心配ないだろうと。1-5
陽気な気質で、庶民の服を身に着けてふざけただけなのだから。1-6

By this time another customer was entering, and the landlord hinted to me to put the monster out of sight; then he bowed me all the way to the door, and I started straight for that house and those brothers, to correct the mistake which had been made before the police should hunt me up, and help me do it.

The £1,000,000 Bank-note

この時、他の客が来店した。店主は私にその紙幣を仕舞うよう合図した。2-1
それから彼は私をわざわざ玄関に案内した。2-2
私は例の紳士たちのところへまっすぐ向かった。間違いを正すために。警察に見つかる前に、自発的に。3-1

I was pretty nervous, in fact pretty badly frightened, though, of course, I was no way in fault; but I knew men well enough to know that when they find they’ve given a tramp a million-pound bill when they thought it was a one-pounder, they are in a frantic rage against him instead of quarrelling with their own near-sightedness, as they ought.

The £1,000,000 Bank-note

私はとても不安だった。実際、かなりひどくおびえていた。もちろん、私に罪はなかったのだが。3-2
しかし、私は十分に理解していた。浮浪者に1ポンドだと思って、百万ポンド紙幣を渡していたことを知れば、自らの目の悪さに文句を言うどころか、人は取り乱して激怒するだろうということを。3-3

As I approached the house my excitement began to abate, for all was quiet there, which made me feel pretty sure the blunder was not discovered yet.

The £1,000,000 Bank-note

紳士の屋敷に近づくと、私の動揺は収まっていった。4-1
そこは静かだった。その静けさによって、私は確信した紳士はまだ自分の失敗に気づいていないと。4-2

I rang.

The £1,000,000 Bank-note

私はドアベルを鳴らした。5-1

The same servant appeared.

The £1,000,000 Bank-note

以前と変わらない使用人が現れた。5-2

I asked for those gentlemen.

The £1,000,000 Bank-note

私は例の紳士たちに面会を求めた。5-3

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation