カテゴリー
マーク・トウェイン

服屋『#12_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ

 自分が就くであろう仕事を想像しながら、私は路上を歩いていた。すると一軒の服屋が目に入り、私は自分のボロ着を脱ぎ去りたくなった。
 百万ポンド紙幣しか無いので私はその店を通り過ぎたのだが、その魅力に抗いきれず、私はその店に入ることにした。
 私が訳ありのスーツを求めると、店員は私のサイズに合わない不格好なスーツを差し出した。欠陥があったが新品だったので、私はその店員に商品の取り置きを頼んだ。

「百万ポンド紙幣」記事一覧

百万ポンド紙幣(対訳)
主語述語

I got to thinking a good deal about that situation.

The £1,000,000 Bank-note

私はその職についていろいろと考えてみた。1-1

  • 主語+got to thinking

My hopes began to rise high.

The £1,000,000 Bank-note

私の期待は大きく膨らみ始めた。1-2

  • 主語+begin to do

Without doubt the salary would be large.

The £1,000,000 Bank-note

間違いなく、仕事の給料は高額だろう。1-3

  • 主語+be+補語

It would begin in a month; after that I should be all right.

The £1,000,000 Bank-note

仕事は一月後に始まるだろう。そうなれば私は順風満帆だろう。1-4

  • 主語+be+補語

Pretty soon I was feeling first-rate.

The £1,000,000 Bank-note

すぐに、私は気分が上向いた。1-5

  • 主語+be+補語

By this time I was tramping the streets again.

The £1,000,000 Bank-note

次に述べる時が来るまで、私は再び路上をふらふらと歩いていた。2-1

  • 主語+be tramping+目的語

The sight of a tailor-shop gave me a sharp longing to shed my rags, and to clothe myself decently once more.

The £1,000,000 Bank-note

洋服屋が視界に入り、私は自分のボロ着を脱ぎ捨てて、まともな服を着たいという激しいあこがれを抱いた。2-2

  • 無生物主語+gave+目的語

Could I afford it? No; I had nothing in the world but a million pounds.

The £1,000,000 Bank-note

できるだろうか?いいや、私は百万ポンドしか持っていなかった。2-3

  • 主語+had+目的語

So I forced myself to go on by.

The £1,000,000 Bank-note

だから、私はどうにか通り過ぎた。2-4

  • 主語+forced+目的語

But soon I was drifting back again.

The £1,000,000 Bank-note

しかしすぐに、私はいつの間にか戻っていた。2-5

  • 主語+be drifting

The temptation persecuted me cruelly.

The £1,000,000 Bank-note

その誘惑は私をひどく悩ませた。2-6

  • 主語+persecute+目的語

I must have passed that shop back and forth six times during that manful struggle.

The £1,000,000 Bank-note

誘惑との勇敢な戦いの間に、私はその店を行ったり来たり6回も通り過ぎたに違いない。2-7

  • 主語+have passed+目的語

At last I gave in; I had to.

The £1,000,000 Bank-note

とうとう私は屈服した。屈服せざるを得なかった。2-8

  • 主語+give in

I asked if they had a misfit suit that had been thrown on their hands.

The £1,000,000 Bank-note

私は訳アリのスーツがあるか尋ねた。3-1

  • 主語+ask+目的語

The fellow I spoke to nodded his head towards another fellow, and gave me no answer.

The £1,000,000 Bank-note

私が話しかけた店員は別の店員の方へ顎で合図して、私に答えなかった。3-2

  • 主語+nodded+目的語

I went to the indicated fellow, and he indicated another fellow with his head, and no words.

The £1,000,000 Bank-note

私はその示された店員に向かった。3-3
彼は顎で別の店員を示した。何も言わずに。3-4

  • 主語+went
  • 主語+indicated+目的語

I went to him, and he said: ‘Tend to you presently.’

The £1,000,000 Bank-note

私が彼のところに行くと、彼は言った。「まもなく応対します」4-1

I waited till he was done with what he was at, then he took me into a back room, and overhauled a pile of rejected suits, and selected the rattiest one for me.

The £1,000,000 Bank-note

私は彼の用事が済むまで待った。4-2
そのあと、彼は私を奥の部屋に連れて行き、捨てられたスーツの山を見直して、一番ひどい一着を私に選んだ。4-3

  • 主語+waited
  • 主語+selected+目的語

I put it on. It didn’t fit, and wasn’t in any way attractive, but it was new, and I was anxious to have it; so I didn’t find any fault, but said with some diffidence:

The £1,000,000 Bank-note

私はそれを身に着けた。4-4
そのスーツは合わなかったし、どうにも見栄えが悪かった。
しかしそれは新品で、私はそのスーツを所有したいと強く願った。4-5
だから私はいくつかの欠陥に気づかず、遠慮がちに言った。4-6

  • 主語+put on+目的語

‘It would be an accommodation to me if you could wait some days for the money. I haven’t any small change about me.’

The £1,000,000 Bank-note

数日支払いを待っていただけたらありがたいのですが。4-7
私は小銭を持っていないのです」4-8

  • if you could do

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation