スーツの代金『#14_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 店員がお釣りを支払えるというので、私はスーツの代金として百万ポンド紙幣を手渡した。店員は笑顔で紙幣を受け取り、その紙幣を見て凍り付いた。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)
主語述語

I handed the note to him, and said:

The £1,000,000 Bank-note

私は例の紙幣を彼に差し出した。そして言った。1-1

  • 主語+handed+目的語

‘Oh, very well; I apologise.’

The £1,000,000 Bank-note

「ああ、わかりました。謝罪します」1-2

He received it with a smile, one of those large smiles which goes all around over, and has folds in it, and wrinkles, and spirals, and looks like the place where you have thrown a brick in a pond; and then in the act of his taking a glimpse of the bill this smile froze solid, and turned yellow, and looked like those wavy, wormy spreads of lava which you find hardened on little levels on the side of Vesuvius.

The £1,000,000 Bank-note

 彼はその紙幣を受け取った。笑顔を浮かべて。満面の、くしゃくしゃの笑顔だった。レンガを投げ入れた池の波紋のような。1-3
 そしてその後、その紙幣をちらりと見た途端、この笑顔はがっちりと凍り付いた。そして顔色が黄色くなった。ベスビオ火山のそばで波状に固まったボロボロの溶岩のようだ。1-4

  • received+目的語
  • froze+補語

I never before saw a smile caught like that, and perpetuated.

The £1,000,000 Bank-note

私はこのように固まって動かない笑顔を一度も見たことが無かった。1-5

  • see+目的語

The man stood there holding the bill, and looking like that, and the proprietor hustled up to see what was the matter, and said briskly:

The £1,000,000 Bank-note

 その男はそこで直立していた。その紙幣を持ったまま、その様な状態で。1-6
 洋服屋の店主が問題を確認するためにすぐにやって来た。そしてきびきびと言った。2-1

  • 主語+stand doing
  • 主語+hustled

‘Well, what’s up? what’s the trouble? what’s wanting?’

The £1,000,000 Bank-note

「さて、どうしました?問題ですか?何が欲しいのですか?」2-2

I said, ‘There isn’t any trouble. I’m waiting for my change.’

The £1,000,000 Bank-note

私は言った。「何も問題ありません。私は釣銭を待っています」2-3

  • be waiting for

‘Come, come; get him his change, Tod; get him his change.’

The £1,000,000 Bank-note

「さあさあ、彼にお釣りを用意しなさい、トッド」2-4

  • get+目的語

Tod retorted: ‘Get him his change! It’s easy to say, sir; but look at the bill yourself.’

The £1,000,000 Bank-note

トッドは言い返した。
「彼にお釣りを用意しろですって!言うのは簡単ですが、店長、ご自分でその紙幣を見てください」2-5

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation