悲惨な将来像『#18_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 店が繁盛したことで、ハリスは感謝して私に強引に融資した。だから私は裕福な暮らしができたのだ。しかし夜になると、破滅する将来を想像して、私は眠れなくなった。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)
主語述語

Harris was so grateful that he forced loans upon me, and would not be denied; and so, pauper as I was, I had money to spend, and was living like the rich and the great.

The £1,000,000 Bank-note

 ハリスはとても感謝していたので、私に融資した。有無を言わさずに。
 だから、貧乏であっても、私は使うためのお金を持っていて、お金持ちで地位の高い人々のように暮らしていた。

I judged that there was going to be a crash by and by, but I was in, now, and must swim across or drown.

The £1,000,000 Bank-note

 私はやがて破滅するだろうと思った。しかし、もう引き返せず、泳いで渡らなければならない。そうでないと溺れてしまう。

You see there was just that element of impending disaster to give a serious side, a sober side, yes, a tragic side, to a state of things which would otherwise have been purely ridiculous.

The £1,000,000 Bank-note

 なにしろ、馬鹿げた状況に悲壮な結果をもたらす差し迫った不幸の要因があったのだ。

In the night, in the dark, the tragedy part was always to the front, and always warning, always threatening; and so I moaned and tossed, and sleep was hard to find.

The £1,000,000 Bank-note

 夜、暗闇の中で、悲劇の一幕が常に目の前にあった。常に警告していて、常に脅迫していた。
 だから私はうめき声をあげて、のたうち回り、眠れなかった。

But in the cheerful daylight the tragedy element faded out and disappeared, and I walked on air, and was happy to giddiness, to intoxication, you may say.

The £1,000,000 Bank-note

 しかし朗らかな日中では、その悲劇的な要素は薄らぎ、見えなくなった。
 そうすると私は気分が軽くなり、うれしくなって酔っぱらった。

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation